おすすめクレジットカード比較・
ランキング情報メディア
search
【2022年7月】ビットコインの今後は?見通しと予想、価格上昇要因について解説
仮想通貨

【2022年7月】ビットコインの今後は?見通しと予想、価格上昇要因について解説

現在ビットコインは価格が低迷していますが、今後上昇する要因が複数あります。もちろん、下落する要因もあるので注意が必要です。

「ビットコインはいつ始めるのがいいの?」という方は、この記事を読んで、ビットコインの今後の動向を理解して、取引を始めてみましょう!

この記事の監修者

kazu

■FX9年/仮想通貨5年目
■自身も海外 FXメディアを運営
https://kasoutsuuka-trade.com/
■手法【メンタル×資金管理】と【損失を限りなく抑える】ことを重視したデイトレード中心
■出演メディア:ラジオ日経(継続中)/日刊SPA/SPA主催の講演会など
■twitter: https://twitter.com/crypto_kazu
■vlog: https://lit.link/kazu0402

ビットコイン(BTC)・仮想通貨の今後の見通し

free_Bitcoin

結論、ビットコインは今後、長期的に上昇していく可能性が高いです。仮想通貨の普及や、半減期など様々要因が考えられます。ここでは、ビットコインの今後の価格上昇要因・下降要因についてそれぞれ解説していきます。

もっと読む

ビットコイン(BTC)の価格上昇要因

ビットコインの価格上昇要因は以下の5つがあります。

  1. ビットコイン(BTC)決済の普及
  2. ビットコインETFの承認で資金流入
  3. ビットコイン(BTC)の半減期による価格上昇
  4. インフレによる資金流入
  5. アップデートによる高性能化

それぞれ詳しく解説していきます。

もっと読む

①ビットコイン(BTC)決済の普及

ビットコインは今後、決済手段として普及していくことは見逃せないポイントです。2021年の6月に、中南米にあるエルサルバドルという国では、法定通貨としてビットコインを採用する法案が可決されました。エルサルバドルでは戦略都市「ビットコインシティー」を建設する計画も出ています。

また、金融システムが確立されていない発展途上国では、すでに需要が拡大しており、今後も法定通貨として広がる可能性があります。

先進国であるアメリカでも、ビットコイン決済は普及している最中です。米大手保険会社HSBが実施した調査によると、米国の中小企業の約4割がビットコイン決済に対応しています。今後、さらにビットコイン決済が普及する可能性が高いので、要注目です。

もっと読む

②ビットコインETFの承認で資金流入

2021年10月、アメリカで初めてビットコイン先物連動型のETFが上場しました。ETFとは、上場投資信託のことで、非常に人気のある投資方法。ETFでビットコインに投資が可能になることで、今まで仮想通貨投資を行ってこなかった一般層の資金が流入する可能性が高いです。

現在、ビットコイン現物ETFは未上場ですが、今後上場が行われた場合、さらにビットコインの価値が上昇する好材料となります。

様々な会社からビットコインETFが上場していくにつれ、世界中に普及することが見込まれるので、ビットコインETFの普及前に投資を行うことがおすすめです。仮想通貨取引所を開設し、今のうちから現物を手に入れましょう。

もっと読む

③ビットコイン(BTC)の半減期による価格上昇

ビットコインの価格に大きく影響する要因の1つに、「半減期」があります。半:減期とは、新規発行されるビットコインの量が半分に減少する時期のこと。この半減期は、およそ4年に1度訪れます。ビットコインの需要が変わらない場合、供給が減り希少性が高まり、価値が上昇します。

過去の半減期は、2012年、2016年、2020年にありました。2012年時点では、ビットコインの取引を行っている人が少なかったため、半減期による価格変化はありませんでした。2016年、2020年は、ビットコインの認知度が高まっていたこともあり、半減期のタイミングで大きな価格上昇がありました。

次の半減期の2024年は、さらにビットコインの認知度が高まっていることが予想されるので、今のうちから半減期を見越して投資を行うことがおすすめです。

もっと読む

④インフレによる資金流入

ビットコインは、インフレヘッジの資産逃避先として、資金が流入する可能があります。インフレヘッジとは、物価上昇のインフレによる資産価値の減少を回避するために、他の資産に投資すること。

インフレの進行で現金の価値が減少するため、莫大な資産を持つ大企業などは対抗策として、ビットコインを購入する動きが出ています。

米データ分析ソフト企業、マイクロストラテジーは約5900億円を超える価値のビットコインを保有中です。また、電気自動車大手のテスラは1440億円相当のビットコインを保有するなど、続々と大企業がビットコインを保有し始めています。今後も、この流れが続くことで、価格上昇の要因となるでしょう。

もっと読む

⑤アップデートによる高性能化

ビットコインを始め、仮想通貨は定期的にアップデートされており、性能が向上しています。

直近では、2021年の11月に大型アップデート「Taproot(タップルート)」が実施されました。今回のアップデートでは、データサイズが縮小されたことで、処理速度が向上、また秘匿性が上昇したとのことです。

ビットコインは今後もアップデートを繰り返していき、より高性能化していくことが予想されます。高性能化により、さらなる普及に繋がる可能性が高いので、アップデートに関する情報は要注目です。

もっと読む

ビットコイン(BTC)の価格下降要因

free_下落

ビットコインは今後の価格上昇が期待されているものの、価格の下落が絶対に発生しないわけではありません。正しく価格下落のリスクを把握して、ビットコイン取引をするようしましょう。

ビットコインの今後の価格下降要因は以下の2つが考えられます。

  1. 各国での取引の規制
  2. 要人による発言

それぞれ詳しく解説していきます。

もっと読む

①各国での取引の規制

ビットコインをはじめとする仮想通貨はオンライン上で資産の管理ができ、非常に便利な一面がありますが、その一方で金融犯罪や、マネーロンダリングなどに用いられやすく、各国の規制の対象になりやすいと言えます。

そのため、米国や中国などの経済大国において仮想通貨の取引の規制が行われてしまう場合は仮想通貨を資産として保有している投資家の売り注文が殺到し、価格が暴落してしまう恐れがあります。

もっと読む

②要人による発言

ビットコインは世界的に影響力をもつ「要人」の発言の影響を受けやすく、価格が乱高下する場面が多々あります。

過去には米国の電気自動車大手のテスラ社のイーロン・マスクCEOがツイートをする度にビットコインの相場に大きな影響をもたらし、連日価格が乱高下するようなこともありました。

今後も価格の急変動が起きる可能性があるため、Twitterからの情報収集も怠らないようにしましょう。

もっと読む

ビットコイン(BTC)・仮想通貨に関する価格予想

考える_フリー

これまで、ビットコインが今後上昇する可能性がある要因について解説してきました。以下では、ビットコイン・仮想通貨に関する価格予想について紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

もっと読む

JPモルガンによる予想

世界的な金融サービス会社のJPモルガン※は、ビットコイン(BTC)の今後について前向きな長期的見解を持っているとされています。長期的には、価格目標は146,000ドルと予想しており、2022年の短期目標は、73,000ドルの予想です。

2021年,12月のビットコインの価格は、約50,000ドルであるため1年間で20,000ドル幅ほどの上昇が見込まれると予測されているようです。長期的には、146,000ドルほどになると予測されているので、長期投資を考えられている方は、ぜひ参考にしてみてください。

引用:INTERNATIONAL INVESTMENT"JP Morgan warns on Ether price plunge, but Goldman Sachs sees 80% rise by year end"

※米国の投資銀行、時価総額ランキング世界第13位

もっと読む

ストック・トゥー・フローモデルによる予想

ストック・トゥー・フローモデル

ビットコインのストック・ツー・フロー(S2F)モデルは、ビットコインの供給力学と、半減期によってもたらされる希少性を分析したモデル。著名的なアナリストPlanBが作成したものです。ストック・ツー・フローモデルによると、今後3年ほどに100,000ドル前後になると予測されています。

また、次の半減期の2024年ごろから急激な値上がりが起き、2025年頃には1,000,000ドル前後との予想です。現在(2021年12月時点)の価格の約20倍の価値になることが予測されており、強気な予想ですが、長期的な投資を考えられている方には参考になるかもしれません。

もっと読む

ビットコイン(BTC)・仮想通貨おすすめ取引所

free_仮想通貨取引

ビットコインは今後さらに普及し、価格が上昇する可能性があります。2024年には、半減期による価格上昇が考えられるので、今のうちから仮想通貨投資を始めるのがおすすめ。仮想通貨のおすすめ取引所を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. Coincheck(コインチェック)
  2. GMOコイン
  3. bitFlyer
  4. DMM Bitcoin
もっと読む

①Coincheck(コインチェック)|取扱仮想通貨数No.1

coincheck_logo
取引所 コインチェック(CoinCheck)
取引手数料 無料(販売所)
入金手数料 無料(銀行振り込み)/
770円~(コンビニ、クイック入金)
出金手数料 一律407円
仮想通貨入金手数料 無料
仮想通貨出金手数料 0.0005 BTC(ビットコインの場合) 
取り扱い銘柄数 17種類
最低取引額(取引所) 0.005BTC以上
かつ
500円(相当額)以上(ビットコインの場合) 
最低取引額(販売所) 500円相当、0.001BTC相当
レバレッジ取引 なし
すべて見る

コインチェックは、ダウンロード数、取り扱い通貨数が国内1位の仮想通貨取引所。
取り扱い銘柄数は17種類と幅広い通貨に投資可能です。ガスや電気、レンディング(貸し仮想通貨)など関連サービスも充実しており、長期的にビットコインを投資するのに役立つ環境が揃っています。

取引ツールはシンプルかつ高性能で、初心者の方でも迷うことなく操作可能。今後、長期的にビットコインに投資していきたい方は、ぜひ口座開設を行ってみてください。

もっと読む

②GMOコイン|顧客満足度No.1

GMOコイン
取引所 GMOコイン
取引手数料 現物取引
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
レバレッジ取引 無料
入金手数料 振込入金 無料(振込手数料は顧客負担)
即時入金 無料
出金手数料 無料
仮想通貨入金手数料 無料
仮想通貨出金手数料 無料(BTC)
取り扱い銘柄数 15種類
最低取引額(取引所) 取引所:0.0001 BTC
最低取引額(販売所) 販売所:0.00005 BTC
レバレッジ取引 2倍
すべて見る

GMOコインは、GMOインターネットグループの運営する仮想通貨取引所。非常に信頼性と安心性のある会社です。GMOコインでは、入出金手数料・送金手数料が全て無料になっているため、低コストで取引することが可能。信頼性も高いため、仮想通貨を保管するウォレットとしても最適です。

また、レンディングサービスも提供しているため、今後ビットコインの現物を長期保有される方はコツコツと資産を増やすことが可能。スマホアプリも使いやすさに定評があり、非常におすすめの仮想通貨取引所なので、ぜひ利用してみてください。

もっと読む

③bitFlyer(ビットフライヤー)|ビットコイン取引量1位

bitFlyer
取引所 bitFlyer(ビットフライヤー)
取引手数料 無料(スプレッド)
入金手数料 無料/330円
出金手数料 220円〜770円
仮想通貨入金手数料 無料
仮想通貨出金手数料 0.0004BTC
取り扱い銘柄数 13種類
最低取引額(取引所) 0.00000001BTC
最低取引額(販売所) 0.001BTC
レバレッジ取引 最大2倍
すべて見る

bitFlyerは、ビットコイン取引量国内No.1の国内の大手仮想通貨取引所。取り扱い仮想通貨銘柄数が多く、100円程度から投資を始められるため、初心者の方でも気軽に取引を始めることが出来ます。

bitFlyer経由で、楽天市場やYahooショッピングなど、インターネットサービスを利用すると、ビットコインを貰うことができるので、日常的にコツコツとビットコインを増やせるのもおすすめポイント。クレジットカードの発行も行っており、長期的にビットコインを投資するのに心強い環境です。

取引ツールも使いやすく、レバレッジをかけてビットコインFXを行うことも可能。ビットコインをメインに投資していきたい方にとって、非常におすすめの仮想通貨取引所なので、ぜひ口座開設を行ってみてください。

もっと読む

④DMM Bitcoin(DMMビットコイン)|大手ならではの安心感

DMM Bitcoin
取引所 DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
取引手数料 無料※
入金手数料 無料
出金手数料 無料
仮想通貨入金手数料 無料
仮想通貨出金手数料 無料
取り扱い銘柄数(現物) 13種類
最低取引額(取引所) 0.001BTC
0.01BTC(BitMatch注文)
最低取引額(販売所) 0.0001BTC
レバレッジ取引 固定2倍

※BitMatch取引手数料を除く

すべて見る

DMM Bitcoinは、金融事業やIT事業を手がけている大手企業のDMMグループが展開する仮想通貨取引所。顧客の資産の95%以上は、オンラインから切り離されている「コールドウォレット」で保管されており、セキュリティ体制も抜群です。

ほとんどの手数料が無料なため、非常に低コストで仮想通貨取引を行えるのも強みの1つ。顧客同士の注文がマッチングすれば仲値で売買できる「BitMatch注文」を搭載しており、販売所形式でも狭いスプレッドで取引可能です。

取引ツールの使いやすさにも定評があり、初心者でも迷うことなく直感的に操作可能。取引条件、取引環境共に優れた仮想通貨取引所なので、ぜひ利用してみてください。
※BitMatch取引手数料を除く

もっと読む

ビットコイン(BTC)・仮想通貨の今後に期待。今のうちに取引を始めよう!

この記事では、ビットコインが今後どうなるのかについての見通しや、価格上昇要因について解説してきました。ビットコインは、仮想通貨全体を牽引する存在なので、動向を知ることは必須です。

長期的に上昇する要因はまだまだあり、ビットコインは今後も期待できる銘柄です。仮想通貨の普及や、半減期などに備えて、今のうちからビットコインの取引を始めておくことが最善でしょう。

ビットコインの今後の価格上昇を見逃さないためにも、仮想通貨取引所の口座を開設して、取引を始めてみてはいかがでしょうか。ビットコイン・仮想通貨の今後に期待しましょう!

もっと読む
Money Choice 編集部

Money Choice 編集部