おすすめクレジットカード比較・
ランキング情報メディア
search
楽天カードとリクルートカードをシーン別に徹底比較!お得な使い分け方も紹介

楽天カードとリクルートカードをシーン別に徹底比較!お得な使い分け方も紹介

クレジットカード

「楽天カードとリクルートカードはどっちのほうがお得?」とお調べですね。結論、利用するシーンによってお得なカードは変わってきます。この記事では、どのようなシーンだとどちらのカードの方がお得なのか、徹底解説していきます。

Money choiceでは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております
本コンテンツは当サイトが独自に制作しております。各広告主様やアフィリエイトサービスプロバイダ様から商品案内や広告出稿をいただくこともありますが、各事業者様がコンテンツ内容等の決定に関与することはございません。本サイトは広告およびアフィリエイトサービスにより収益を得ています。コンテンツ内で紹介した商品が成約されると、売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

この記事の監修者

マネーチョイス編集部 奥野

マネーチョイス編集部で、日々クレジットカードに関する記事を執筆。自身もクレジットカードを4枚利用しており、専門的な知識と自身の体験を含めた、分かりやすくリアルな記事を追求している。「いちばん分かりやすく、役に立つ記事」をお届けします。

もっと読む

楽天カードとリクルートカードの特徴を徹底比較

楽天カードとリクルートカードの特徴をまとめると以下のようになります。

もっと読む
カード名 楽天カード リクルートカード
発行年齢対象 18歳以上
(高校生を除く)
18歳以上
(高校生を除く)
年会費 無料 無料
貯まるポイント 楽天ポイント リクルートポイント
ポイント還元率 1.0%〜 1.2%〜
国際ブランド Visa・Mastercard・
JCB・Amex
Visa・Mastercard・
JCB
カードデザイン 数種類 1種類のみ
すべて見る

どちらも年会費無料で人気のクレジットカードです。それぞれどんな人におすすめなのか、最初に見ていきましょう。

もっと読む

楽天カードは楽天市場ユーザーにおすすめ

もっと読む

楽天カードは楽天市場での買い物がお得になるクレジットカード。楽天市場で活用すれば、常に3%ポイントが還元されます。

また楽天関連サービスを利用すると、最大で15%までポイント還元率はアップ。楽天カードには「楽天ゴールドカード」や「楽天プレミアムカード」もあるので、ポイントをさらに貯めたい人はそちらも検討してみてください。

もっと読む
楽天カードがおすすめな人
  • 楽天加盟店をよく利用する人

  • 国際ブランドを複数のものから選びたい人

  • カードデザインを選びたい人

\申し込みはこちら/

もっと読む
楽天カードのキャンペーン情報
  • 新規入会&1回利用で楽天ポイント5,000PT

楽天ゴールドや楽天プライムに興味のある方は、以下の記事もチェックしてみてください。

もっと読む

リクルートカードはあらゆるお店で使いたい人におすすめ

recruit_リクルートカード

リクルートカードはお店を選ばずに使えるクレジットカード。ポイント還元率が常に1.2%あるため、日常使いにピッタリです。

毎月かかる固定費の支払いで利用すれば、ポイントがざくざくと貯められます。またリクルートが運営している「じゃらん」や「ホットペッパー」では、ポイント還元率がさらにアップします。

もっと読む
リクルートカードがおすすめな人
  • じゃらんやホットペッパーをよく利用する人

  • Pontaポイントやdポイントを貯めたい人

  • 公共料金の支払いでポイント貯めたい人

\申し込みはこちら/

もっと読む

リクルートカードの魅力をもっと知りたい方は、以下の記事もおすすめです。

もっと読む

【シーン別】楽天カードとリクルートカードどっちがお得か紹介 

「楽天カードとリクルートカードはどっちの方がお得なの?」と気になりますよね。ただしどちらのほうがお得かは一概には言えず、使うシーンによって異なってきます。

ただし、楽天ポイントを貯めたい人は、どのようなシーンでも楽天カードを使うのがおすすめです。では、7つのシーン別にどちらのほうがお得なのか、見ていきましょう。

もっと読む
カード名 楽天カード リクルートカード
日用品の買い物 -
固定費の支払い -
国内旅行 -
海外旅行 -
ネットショッピング -
美容院・ネイルサロン・外食 -
家族カードやETCカード -
すべて見る

①日用品の買い物はリクルートカード

h2made_楽天カード リクルートカード

日用品の買い物はリクルートカードがおすすめです。どんなお店であっても常に1.2%のポイント還元が受けられるためです。

貯まるポイントはdポイントやPontaポイントに交換できるため、さまざまなお店で使えるのも魅力。ポイントを使えば、日用品が安く買えますよ。

もっと読む

楽天カードポイントプラス店舗は楽天カード

楽天ポイントプラス加盟店_スクショ

楽天カードポイントプラス店舗では、楽天カードを使う方がポイント還元率が高くなります。さらに、楽天Edyを利用すればポイントの2重取りも可能。

もっと読む
楽天カードポイントプラス店舗
  • PARCO

  • ジョーシン

  • 成城石井

  • etc.....

どれくらいのポイント還元率になるかはお店によって変わってきます。よく使うお店が楽天カードポイントプラス店舗かどうか、どれくらいのポイント還元率になるか確認しておきましょう。

もっと読む
マネーチョイス編集部 奥野
マネーチョイス編集部 奥野

リクルートカードよりもお得であれば、楽天カードを検討してみてください。

②固定費の支払いはリクルートカード

h2made_楽天カード リクルートカード

固定費の支払いはリクルートカードがおすすめです。光熱費や通信費、税金などをリクルートカードで支払えば、1.2%のポイントが還元されます。

ただし一部対象外になる固定費もあることは頭に入れておいてください。また家賃支払いで利用できるかは、不動産屋によって変わってきますので確認してみましょう。

もっと読む

楽天市場のポイント還元率を上げたいなら楽天カード

楽天市場のポイント還元率を上げたい場合は、楽天カードを選ぶことも検討しましょう。以下のサービスを利用すると、楽天市場でのポイント還元率がアップします。

もっと読む
サービス名 ポイントアップ
楽天モバイル 対象サービス契約で
プラス1%
楽天モバイル
キャリア決済
月2,000円以上の支払いで
プラス0.5%
楽天ひかり 対象サービス契約で
プラス1%
すべて見る
マネーチョイス編集部 奥野
マネーチョイス編集部 奥野

これら以外の固定費の支払いは、基本的にリクルートカードの方がお得です。

楽天カードのキャンペーン情報
  • 新規入会&1回利用で楽天ポイント5,000PT

③国内旅行はリクルートカード

h2made_楽天カード リクルートカード

国内旅行に行くならリクルートカードがおすすめです。「じゃらん」で宿泊予約をすると、ポイント還元率が3.2%までアップするためです。

また中には最大11.2%のポイントが還元される宿泊プランもあります。旅行代金をリクルートカードで支払えば、最高1,000万円まで補償してもらえる国内旅行保険も付帯するため、安心して旅行を楽しめます。

もっと読む

楽天トラベルはキャンペーンが豊富

楽天トラベル_ロゴ_スクショ

楽天カードで楽天トラベルで5,000円以上利用すると、楽天市場でのポイント還元率がプラス1%されます。また楽天トラベルには会員限定のキャンペーンが定期的に開催されています。

対象ホテルが割引料金で泊まれたり、部屋がアップグレードできるクーポンがもらえたりします。

もっと読む
マネーチョイス編集部 奥野
マネーチョイス編集部 奥野

リクルートカードよりもお得になる場合もあるので、楽天トラベルも定期的にチェックしてみてください。

④海外旅行は楽天カード

h2made_楽天カード リクルートカード

海外旅行に行くなら楽天カードがおすすめです。楽天トラベルでは海外ホテルの予約はいつでもポイント還元率が2%にアップします。

また、最高2,000万円まで補償してもらえる海外旅行傷害保険が付帯してきます。さらにハワイならショッピングセンター内にある楽天ラウンジを無料で利用することも可能です。

もっと読む
楽天カード_ハワイラウンジ
マネーチョイス編集部 奥野
マネーチョイス編集部 奥野

旅行をより楽しませてくれるラウンジが無料で使えるなんて、魅力的ですよね!

楽天カードのキャンペーン情報
  • 新規入会&1回利用で楽天ポイント5,000PT

じゃらんは海外ツアーの取り扱いがない

リクルートカードの利用でお得になる「じゃらん」には海外ツアーの取り扱いがありません。そのため、他のサイトを使って予約する必要があります。

ただし海外旅行傷害保険は楽天カードと同じく最高2,000万円まで補償してもらえます。

もっと読む
マネーチョイス編集部 奥野
マネーチョイス編集部 奥野

他のサイトで予約をするときにも、リクルートカードで支払うようにしましょう。

⑤ネットショッピングは楽天カード

h2made_楽天カード リクルートカード

ネットショッピングをするなら、楽天カードがおすすめです。楽天市場で楽天カードを利用すれば、常に3%のポイント還元が受けれるからです。

また「SPU」というポイントプログラムがあり、楽天市場でのポイント還元率は最大15%までアップします。さらに以下のようなキャンペーンもあり、SPUと合わせると最大43%ポイントが還元されることもあります。

もっと読む
キャンペーン名 概要 ポイント還元率
勝ったら倍 ・楽天イーグルス
・ヴィッセル神戸
・FCバルセロナ
が勝った翌日
最大+3%
お買い物マラソン 期間中に利用した
ショップ数に応じて
最大+28%
ワンダフルデー 毎月1日 最大+2%
毎月5と0のつく日 毎月5と0のつく日 最大+2%
すべて見る
マネーチョイス編集部 奥野
マネーチョイス編集部 奥野

ポイント還元率がアップするタイミングに合わせて、できる限りネットショッピングをするようにしましょう。

⑥美容院・ネイルサロン・外食はリクルートカード

h2made_楽天カード リクルートカード

美容院やネイルサロン、外食での利用はリクルートカードがおすすめです。ホットペッパービューティーやホットペッパーグルメだと通常のポイント還元に加えて、ポイントを獲得できます。

もっと読む
サービス名 概要
ホットペッパー
ビューティー
予約をして来店すると
プラス2%
ホットペッパー
グルメ
予約をして来店すると
来店人数×50ポイント
すべて見る
マネーチョイス編集部 奥野
マネーチョイス編集部 奥野

支払いはリクルートカードで行うことを忘れないようにしましょう。

⑦家族カードやETCカードはリクルートカード

h2made_楽天カード リクルートカード

家族カードやETCカードの発行をするなら、リクルートカードがおすすめです。リクルートカードの家族カードは完全に無料で、ETCカードも無料で発行できるためです。

もっと読む
リクルートカード 家族カード ETCカード
発行手数料 無料 JCB:無料
Visa:1,100円(税込)
Mastercard:1,100円(税込)
年会費 無料 無料
すべて見る
マネーチョイス編集部 奥野
マネーチョイス編集部 奥野

どちらのカードも無料で発行したいなら、国際ブランドは「JCB」を選びましょう。

楽天カードの場合、ETCカードは年会費が必要!

楽天カード_ETCカード_スクショ

楽天カードの場合、家族カードは無料で作れますが、ETCカードは年会費が必要です。

もっと読む
楽天カード 家族カード ETCカード
発行手数料 無料 無料
年会費 無料 550円(税込)
すべて見る

ただし、楽天ポイントクラブの会員ランクが「ダイヤモンド会員」・「プラチナ会員」の場合は年会費も無料です。会員ランクは6ヶ月間のポイント獲得数や獲得回数によって変わってきます。

楽天カードでETCカードを発行する場合は、会員ランクが上がったタイミングで発行するようにしましょう。

もっと読む

楽天カードとリクルートカード|電子マネー・スマホ決済で比較

対応している電子マネーやスマホ決済で、楽天カードとリクルートカードを比較していきます。

もっと読む
電子マネー
スマホ決済
楽天カード リクルートカード
楽天Edy ◯(Visa・Mastercard)
楽天Pay
モバイルSuica
SMART ICOCA ◯(Visa・Mastercard)
nanaco ◯(JCB)
すべて見る

自分がよく使う電子マネーやスマホ決済に対応しているカードを選ぶのも1つの手です。ぜひ参考にしてください。

もっと読む

①楽天Edyはリクルートカード

h2made_楽天カード リクルートカード

楽天Edyをよく使う人にはリクルートカードをおすすめします。チャージでも、支払いでもポイントが還元されるため、合計で2.4%のポイントが獲得できます。

ただし毎月16日~翌月15日の間で、3万円を超える分のチャージでは、ポイントは還元されません。

もっと読む
マネーチョイス編集部 奥野
マネーチョイス編集部 奥野

3万円以内の分はリクルートカードでチャージするようにしましょう。

楽天カードは、楽天Edyへのチャージ分のポイント還元率は0.5%

楽天カードでも楽天Edyにチャージすることでポイントを獲得できますが、還元率は0.5%です。楽天Edyでの支払い分もポイント還元率は0.5%なので、合わせても1%です。

通常のクレジットカード決済のポイント還元率が1%ですので、楽天Edyを使うメリットはほとんどありません。

もっと読む

②楽天Payは楽天カード

h2made_楽天カード リクルートカード

楽天Payをよく使う人には楽天カードをおすすめします。通常のクレジットカード決済と同じように常に1%のポイント還元を受けられます。

もっと読む
マネーチョイス編集部 奥野
マネーチョイス編集部 奥野

楽天Edyのようにチャージをする必要がないため、より使いやすいはずですよ。

楽天カードのキャンペーン情報
  • 新規入会&1回利用で楽天ポイント5,000PT

③モバイルSuicaはリクルートカード

h2made_楽天カード リクルートカード

モバイルSuicaをよく使う人にはリクルートカードをおすすめします。チャージでも、支払いでもポイントが還元されるため、合計で2.4%のポイントが獲得できます。

ただし楽天Edyと一緒で、3万円を超えるチャージ分はポイント還元の対象になりません。また国際ブランドがJCBの場合はチャージ分のポイント還元率は0.75%になります。

もっと読む

④SMART ICOCAはリクルートカード

h2made_楽天カード リクルートカード

SAMRT ICOCAをよく使う人にはリクルートカードをおすすめします。チャージでも、支払いでもポイントが還元されるため、合計で2.4%のポイントが獲得できます。

もっと読む
マネーチョイス編集部 奥野
マネーチョイス編集部 奥野

こちらも3万円以内までのチャージ分しかポイント還元の対象にならない点には注意しましょう。

⑤nanacoならリクルートカード

h2made_楽天カード リクルートカード

nanacoをよく使う人にはリクルートカードをおすすめします。ただしnanacoクレジットカードチャージサービスの新規登録は2020年3月11日に終了しています。

そのため既にリクルートカードを持っていて、nanacoへの登録が済んでいる人は活用してみてください。

もっと読む

楽天カードとリクルートカードの2枚持ちもあり

2枚持ち_楽天カード リクルートカード

楽天カードとリクルートカードは、利用するシーンによってどっちがお得かは変わってきます。そのため使い分けが上手くできるなら、2枚持ちを検討するのもいいでしょう。

ここでは、楽天カードとリクルートカードを2枚持ちするメリット・デメリットを紹介していきます。

もっと読む

2枚持ちのメリット

楽天カードとリクルートカードを2枚持ちするメリットは以下の3つです。

もっと読む
  1. どちらも年会費が無料
  2. シーン別にお得なカードを選んで使える
  3. 保険が最も高い金額で適用される
もっと読む

楽天カードとリクルートカードはどちらも年会費が無料であるため、2枚持ちをしたとしても損することはありません。シーン別にお得なカードを選んで使えば、1枚持ちの人よりもポイントをたくさん貯めたり、割引料金で買い物ができたりします。

また付帯している保険は、最も高い金額の補償額が適用される点も2枚持ちの魅力。

もっと読む
マネーチョイス編集部 奥野
マネーチョイス編集部 奥野

買い物や旅行をさらに安心して楽しめます。

2枚持ちのデメリット

楽天カードとリクルートカードを2枚持ちするデメリットは以下の点です。

もっと読む
  • クレジット利用明細が2つに分かれてしまう
もっと読む

利用明細が2つに分かれてしまうため、お金の管理がめんどくさいと思われる人もいるかもしれません。

もっと読む
マネーチョイス編集部 奥野
マネーチョイス編集部 奥野

クレジットカードと連携できる家計簿アプリを使えば、手で入力する必要がなくなり、お金の管理も楽になりますよ。

シーンを選ばず使いたいならリクルートカード

楽天カードとリクルートカードのどちらか1枚だけを使いたいなら、リクルートカードをおすすめします。シーンを選ばずに使えるためです。

ただし、楽天カードもシーンによっては非常にお得になるため、2枚持ちするのもいいでしょう。上手く使い分けていけば、どんな場面でもお得に買い物や旅行を楽しめますよ。

もっと読む
楽天カードのキャンペーン情報
  • 新規入会&1回利用で楽天ポイント5,000PT

Money Choice 編集部

Money Choice 編集部