おすすめクレジットカード比較・
ランキング情報メディア
search
JCBゴールドカード7つのメリット!インビテーション条件・審査のコツも紹介
クレジットカード

JCBゴールドカード7つのメリット!インビテーション条件・審査のコツも紹介

JCBゴールドカードについてお調べではないですか?この記事では、JCBゴールドカードのメリットやデメリットについてお伝えします。ザ・プレミアへのインビテーション条件や審査に通るコツなどもお伝えするので、参考にしてください。

JCBゴールドカードはザ・プレミアへのインビテーションを目指す人におすすめ!

JCBゴールド
JCB ゴールドカード 基本情報
発行対象年齢 20歳以上
(学生は除く)
年会費 11,000円(税込)
初年度無料
ポイント還元率 0.5〜5.0%
貯まるポイント Oki Dokiポイント
国際ブランド JCB
すべて見る

JCBゴールドカードは、JCB上位クラスのクレジットカードの発行を目指す人にぴったりのカードです。JCBゴールドカードではグレードアップ制度を設けているため、カード利用の実績を積んでいけば、以下のような上位カードのインビテーションが届く可能性があります。

もっと読む
  • JCBゴールド ザ・プレミア
  • JCBプラチナカード
  • JCBザ・クラス
もっと読む

また、JCBゴールドカードでも以下のような充実特典が受け取れるため、上位クラスにあがれなくても十分に活用できます。

もっと読む
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 充実した空港ラウンジサービス
  • 全国70,000カ所以上の施設で優待サービス
  • etc......
もっと読む

上位クラスを目指したい人、充実した特典が付帯したカードを使いたい人におすすめのクレジットカードです。

もっと読む

JCBゴールド ザ・プレミアへのインビテーションが届く

JCBゴールド ザ・プレミア
JCBゴールド ザ・プレミア 基本情報
発行対象年齢 20歳以上
(学生は除く)
年会費 5,500円(税込)
・初年度無料
・年間100万円以上の
利用で無料
・JCBゴールドの
年会費も必要
ポイント還元率 0.5%〜
貯まるポイント Oki Dokiポイント
国際ブランド JCB
すべて見る

JCBゴールド ザ・プレミアへのインビテーションを受け取るためには、以下の条件をクリアする必要があります。

もっと読む
  • My JCBにメールアドレスの登録がある
  • JCBゴールドの利用合計金額が2年連続で100万円以上ある
もっと読む

JCBゴールド ザ・プレミアの特典内容は以下のようにJCBゴールドカードよりも充実しています。

もっと読む
  • プライオリティパスに無料で申し込みできる
  • 高級ホテルや旅館などの優待プランを利用できる
  • JCB Lounge 京都の利用ができる
  • etc......
もっと読む

またJCBスターメンバーズにも参加できるため、JCBゴールドカードに比べて、ポイント優遇率が10%アップし、利用金額に応じて最大70%の優遇率になります。

年間100万円以上の利用をすると、年会費もかからないので、それ以上の利用予定がある人におすすめです。

もっと読む

29歳以下の人ならJCB GOLD EXTAGEを検討しよう

JCBゴールド EXTAGE
JCB GOLD EXTAGE 基本情報
発行対象年齢 20歳以上29歳以下
(学生は除く)
年会費 3,300円(税込)
初年度無料
ポイント還元率 0.75%〜5.25%(条件あり)
貯まるポイント Oki Dokiポイント
国際ブランド JCB
すべて見る

20歳以上で29歳以下の人は、JCB GOLD EXTAGEを検討するようにしましょう。JCB GOLD EXTAGEは、通常のJCBゴールドカードと同じ特典が受け取れ、かつ以下のような限定特典も受け取れます。

もっと読む
  • 入会後3ヵ月間は、Oki Dokiポイントが通常獲得ポイント3倍になる
  • 入会後4ヵ月目以降1年目の間は、Oki Dokiポイントが通常獲得ポイント1.5倍になる(年間利用金額が20万円以上だと翌年も1.5倍)
  • 「Okidokiランド」でポイント2倍のショップを利用すると、ポイント3倍になる
もっと読む

年会費もJCBゴールドカードに比べると半額以上安くなります。また、JCB GOLD EXTAGEは、発行してから5年後の初回更新時には、自動的にJCBゴールドへ切り替えられます。

そのため、20代の人でJCBのゴールドカードが欲しいなら、JCB GOLD EXTAGEがおすすめです。

もっと読む

JCBゴールドカードの7つのメリット

h2made_jcbゴールドカーメリット

JCBゴールドカードのメリットは、以下の7つです。

もっと読む
  1. 上位クラスカードのインビテーションが届く
  2. ポイントアッププログラムが充実している
  3. ポイントの有効期限が3年間ある
  4. 自動付帯している保険が充実している
  5. 空港ラウンジサービスが充実している
  6. ゴールド会員限定の情報誌が受け取れる
  7. 全国70,000ヵ所以上で施設で優待サービスが使える
もっと読む

詳しく紹介していきます。

もっと読む

①上位クラスカードのインビテーションが届く

h3made_jcbゴールドカードメリットインビテーション

JCBゴールドカードで利用実績を積んでいくと、ゴールドカード以上の上位クラスのカードのインビテーションが届く可能性があります。JCBゴールド ザ・プレミア以外は具体的にどれくらいの利用をすれば、インビテーションが届くかは公表されていません。

ただJCBゴールド ザ・プレミアのインビテーションが届く条件が2年連続で100万円以上の利用なので、それ以上の条件が必要になることは予想できます。また、利用実績だけではなく、職業や年齢、年収などもある程度関係してくることは頭に入れておきましょう。

ゴールドカード以上のカード発行を将来的に考えているなら、JCBゴールドカードはおすすめです。

もっと読む

②ポイントアッププログラムが充実している

h3made_jcbゴールドカードメリットポイントアップ

JCBゴールドカードはポイントアッププログラムが充実しています。通常1,000円のカード利用につき1ポイントが付与されますが、以下のようなポイントアッププログラムを利用すると、2〜20倍のポイントを獲得できます。

もっと読む
  • JCB ORIGINAL SERIESパートナー店舗での利用でポイント2〜10倍
  • JCB海外加盟店での利用でポイント2倍
  • OkiDokiランドを経由してネットショッピングをするとポイント2〜20倍
もっと読む

JCB ORIGINAL SERIESパートナー店舗は、JCB ORIGINAL SERIESパートナー公式ページで確認できます。また、海外利用で2倍のポイントを獲得するためには、WEB明細サービス「MyJチェック(登録無料)」への登録が必須ですので、カードに申し込み時に一緒に登録しておきましょう。

もっと読む

③ポイントの有効期限が3年間ある

h3made_jcbゴールドカードメリットポイント有効期限

JCBゴールドカードの、ポイント有効期限は3年間です。そのため失効する心配も少なく、ポイントを無駄にせずに済みます。

貯めたOkiDokiポイントには、以下のような使い道があります。

もっと読む
  • 東京ディズニーリゾートの関連商品や商品券と交換
  • Amazonの買い物の支払いに使う
  • マイルに交換
  • 他社ポイントと交換
  • JCBゴールドカードの利用代金の支払いに使う
  • etc......
もっと読む

OkiDokiポイントがどれくらい貯まっているかは、My JCBから確認できます。定期的に確認して、自分の好きなものと交換しましょう。

もっと読む

④自動付帯している保険が充実している

h3made_jcbゴールドカードメリット保険充実

JCBゴールドには、充実した保険が自動付帯しています。具体的には、以下のような保険が自動付帯しています。

もっと読む
保険名 保険金
海外旅行傷害保険
(死亡・後遺障害の場合)
最高5,000万円
国内旅行傷害保険
(死亡・後遺障害の場合)
最高5,000万円
国内・海外航空機遅延保険 最高4万円
ショッピングガード保険
(海外)
最高500万円
(1事故につき
自己負担額3,000円)
ショッピングガード保険
(国内)
最高500万円
(1事故につき
自己負担額3,000円)
すべて見る

海外旅行傷害保険は、事前に、「搭乗する公共交通乗用具」または「参加する募集型企画旅行」の料金をJCBゴールドカードで支払っていると、最高1億円まで保険金の金額がアップします。

保険の適用条件には細かいものもありますので、カードを所有したら公式ページから確認しておくようにしましょう。

もっと読む

⑤空港ラウンジサービスが充実している

h3made_jcbゴールドカードメリット空港ラウンジ

JCBゴールドカードを所持していると、充実した空港ラウンジサービスも無料で利用できます。空港ラウンジがある空港は以下の通りです。

もっと読む
地域 ラウンジ名
東北・北海道 旭川空港
新千歳空港
函館空港
青森空港
秋田空港
仙台空港
関東 成田国際空港第1ターミナル
成田国際空港第2ターミナル
羽田空港 第1ターミナル
羽田空港 第2ターミナル
羽田空港 第3ターミナル
中部・北陸 富士山静岡空港
中部国際空港セントレア
新潟空港
富山空港
小松空港
近畿 大阪国際空港(伊丹空港)
関西国際空港
神戸空港
中国・四国 岡山桃太郎空港
広島空港
米子空港
出雲空港
山口宇部空港
高松空港
徳島空港
松山空港
九州 福岡空港
北九州空港
九州佐賀国際空港
長崎空港
大分空港
熊本空港
宮崎ブーゲンビリア空港
鹿児島空港
那覇空港
海外 ダニエル・K・イノウエ国際空港
すべて見る

ラウンジ内では、WiFiが使えたり、フリードリンクサービスを利用可能です。有料にはなりますが、アルコール類の提供を行っているラウンジもあります。

詳しくは公式ページをご確認ください。

もっと読む

「ラウンジ・キー」に申し込めば世界1,100カ所以上のラウンジも使える

国内空港ラウンジだけでは足りないという人は、ラウンジ・キーの申し込みをするのがおすすめです。利用するのに1回US32ドルが必要ですが、世界1,100カ所以上で空港ラウンジを利用できます。

WiFiやドリンクサービスだけではなく、会議室やシャワールームが使えるラウンジもあり、長時間の空港待機でも快適に過ごせます。具体的にどの空港ラウンジで利用可能かは、ラウンジ・キー公式ページで確認してください。

もっと読む

⑥ゴールド会員限定の情報誌が受け取れる

h3made_jcbゴールドカードメリット情報誌

JCBゴールドカードを発行すると、ゴールド会員限定の情報誌「JCB THE PREMIUM」を毎月受け取れます。JCB THE PREMIUMでは、旅・食・趣味・地域情報やJCBのキャンペーン・チケット情報などが掲載されています。

高級ホテルの宿泊券などが抽選で当たる読者プレゼントにも応募できるので、毎月なるべく目を通すようにしましょう。Web上でも閲覧できるため、冊子がいらないという場合は、My JCBから郵送の停止依頼をするようにして下さい。

もっと読む

⑦全国70,000ヵ所以上で施設で優待サービスが使える

h3made_jcbゴールドカードメリット優待店

JCBゴールドカードを所持していると、全国70,000カ所以上で優待サービスが使える「JCB GOLD Service Club Off」が利用可能です。例えば以下のような優待サービスが使えます。

もっと読む
  • 対象の映画館での映画チケット割引
  • レストランメニューで使える割引クーポン
  • スポーツクラブで使える商品券
  • ホテルの宿泊プランが割引
  • etc.....
もっと読む

他にもたくさんの優待サービスがあります。詳しくは「JCB GOLD Service Club」の公式ページを参考にして下さい。

もっと読む

JCBゴールドカードの2つのデメリット

h2made_jcbゴールドデメリット

JCBゴールドカードのデメリットは以下の2つです。

もっと読む
  1. 海外利用には弱い
  2. ポイント還元率が高くない
もっと読む

1つずつ詳しく説明していきます。

もっと読む

①海外利用には弱い

JCBゴールドカードは海外での利用に向いていません。JCBは、欧米や米国などでは使える国や地域が限られてきます。

とはいえ、日本人がよく行くようなハワイやグアム、アジア諸国などでは比較的使える場所も多くあります。クレジットカードの利用を国内メインで、海外で使うとしてもハワイやグアムなど日本人に人気のある場所だけという人ならJCBでも問題ありません。

海外によく行く人は、JCBゴールドカードと国際ブランドがVISAやMastercardであるクレジットカードの2枚持ちを検討するようにしましょう。

もっと読む

②ポイント還元率が高くない

JCBゴールドカードは通常のポイント還元率が0.5%と高くありません。ポイントアップできるお店をあまり使わない人は損に感じるかもしれません。

ただJCBゴールド ザ・プレミアまで発行できると、通常ポイントを1.5倍まで上げることもできます。ポイント還元率が低いと感じる人は、JCBゴールド ザ・プレミアが発行できるように、JCBゴールドの利用実績を積んでいきましょう。

もっと読む

JCBゴールドカードはこんな人におすすめ!

h2made_jcbゴールドインビテーション

JCBゴールドカードは以下のような人におすすめのクレジットカードです。

もっと読む
  • 将来的にJCBゴールドカードよりも上位クラスのJCBカードの発行を考えている人
  • 年間100万円以上の利用予定がある人
  • 国内で主にクレジットカードを使う人
もっと読む

JCBゴールドカードは、将来的にゴールドカード以上の上位クラスのJCBカードの発行を考えている人におすすめです。年間100万円以上のカード利用を2年連続でできれば、JCBゴールド ザ・プレミアのインビテーションを受け取れます。

JCBゴールド ザ・プレミアは、JCBゴールドカード以上に充実した特典が付帯されるので、ぜひ目指してみてください。ただJCBは海外では使える範囲が狭いという特徴もあります。

海外でクレジットカードを利用する機会が多い人は、VISAやMastercardのクレジットカードも持っておくようにしましょう。

もっと読む

JCBゴールドカードの3つの疑問

h2made_よくある質問疑問

JCBゴールドカードの利用を考えている人がよく抱く疑問を3つ挙げてみました。

もっと読む
  1. 家族カードの発行に手数料はかかる?
  2. ETCカードの発行に手数料はかかる?
  3. 審査に通るコツは何かある?
もっと読む

それぞれ詳しく見ていきましょう。

もっと読む

Q1.家族カードの発行に手数料はかかる?

A.無料で作れます。

生計を同じくする18歳以上の家族(高校生は除く)を対象に1枚まで無料で作れます。2枚目からの年会費は1,100円必要です。

My JCBから申し込めば、1週間ぐらいで郵送してもらえます。

もっと読む

Q2.ETCカードの発行に手数料はかかる?

A.無料で作れます。

追加カードとしてETCスルーカードの作成が無料でできます。My JCBから申し込めば、1週間ぐらいで郵送してもらえます。

もっと読む

Q3.審査に通るコツは何かある?

A.クレジットヒストリーで良い実績を積むことです。

クレジットカードを所持している人は、少額でもいいのでなるべく毎月利用をして、支払日にきっちりと返済するようにしましょう。利用実績を積むことで、クレジットヒストリーに良い評価がつきやすくなります。

滞納や延滞、滞納などは審査に悪影響を与えてしまうので、絶対にしないようにしてください。

もっと読む

JCBゴールドカードで良い実績を積めばザ・プレミアのインビテーションが届く

JCBゴールドカードを発行して、どんどん良い実績を積んでいけば、ザ・プレミア、プラチナカード、ブラックカードが発行できる可能性が高まります。ステータス性の高い上位クラスのクレジットカードを将来持ちたい人は、まずJCBゴールドカードを持つことをおすすめします。

ただし、JCBゴールドカードは海外での利用はあまりできません。海外によく行く機会のある人は、VISAやMastercardのクレジットカードもあわせて持っておくようにしましょう。

もっと読む
Money Choice 編集部

Money Choice 編集部