おすすめクレジットカード比較・
ランキング情報メディア
search
仮想通貨のおすすめ銘柄10選と取引所5選を徹底紹介!初心者にも分かりやすく解説
仮想通貨

仮想通貨のおすすめ銘柄10選と取引所5選を徹底紹介!初心者にも分かりやすく解説

仮想通貨を購入するとき、「どの銘柄を買えばいいか分からない」「仮想通貨でどうやって稼ぐの?」と思われる方は多いはず。この記事では、おすすめな仮想通貨と取引所を詳しく解説し、初心者の方でも簡単に稼げる方法を紹介していきます。

この記事の監修者

kazu

■FX9年/仮想通貨5年目
■自身も海外 FXメディアを運営
https://kasoutsuuka-trade.com/
■手法【メンタル×資金管理】と【損失を限りなく抑える】ことを重視したデイトレード中心
■出演メディア:ラジオ日経(継続中)/日刊SPA/SPA主催の講演会など
■twitter: https://twitter.com/crypto_kazu
■vlog: https://lit.link/kazu0402

仮想通貨のおすすめな選び方を5つ紹介!

仮想通貨_フリー素材

仮想通貨とは、暗号資産とも呼ばれ、インターネット上でやりとりできる財産的価値のことです。

現在、仮想通貨は5000種類を超えており、これだけの数があると「どの通貨に投資していいかわからない」とお悩みの方も多いと思います。

まず初めに仮想通貨のおすすめな選び方5つを解説していきます。

  1. 信頼性の有無
  2. ホワイトリスト
  3. 流動性
  4. 将来性
  5. ボラティリティ
もっと読む

仮想通貨のおすすめな選び方➀信頼性の有無

仮想通貨のおすすめな選び方の1つ目は、信頼性の有無に注目することです。

信頼性があるかの判断は、コミュニティもしくは時価総額を見るとできます。

コミュニティとは、その通貨を持っている人達の交流・情報交換が行われる場所のことです。コミュニティでチェックしたいポイントは以下の通りです。

  • コミュニティが活発でユーザー間の情報交換があるか
  • 開発進捗等を頻繁に発信しているか
  • 開発者が怪しくないか
  • 該当する仮想通貨の誇大広告をしていないか

上記を確認することで、信頼できる仮想通貨かどうかある程度見えてきます。

コミュニティで信頼性を判断するのが難しいという方は、時価総額を確認しましょう。時価総額が上位の仮想通貨であれば、多くの人が取引しているということになるので、相対的に信頼出来る仮想通貨であると言えます。

もっと読む

仮想通貨のおすすめな選び方②ホワイトリスト

コミュニティもしくは時価総額以外でも、ホワイトリストを確認すれば、信頼できるかどうか分かります。

ホワイトリストとは、金融庁の登録を受けた国内取引所で取り扱っている仮想通貨のことです。ホワイトリストに掲載されている仮想通貨は、実質面を重視した厳しい審査を経て登録されているため、他の通貨に比べて安全性・信頼性が高い傾向です。

ホワイトリストに登録されている仮想通貨は以下の通りです。

  • ETH(イーサリアム)
  • XRP(リップル)
  • BCH(ビットコインキャッ シュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • ENJ(エンジンコイン)
もっと読む

仮想通貨のおすすめな選び方③流動性

仮想通貨のおすすめな選び方の3つ目は、流動性に注目することです。

仮想通貨での流動性が高いとは、「仮想通貨の取引量がたくさんある」ということを意味します。仮想通貨市場は「買いたい人」・「売りたい人」がいて成り立っているので、流動性の有無は非常に重要な判断軸となります。

流動性が低いと適正な市場価格で買えないといった恐れがあるので注意しましょう。

もっと読む

仮想通貨のおすすめな選び方④将来性

仮想通貨のおすすめな選び方の4つ目は、将来性に注目することです。

将来性のある仮想通貨を見極めるうえで、実用的に将来使えるかどうかは、大事な項目です。実用的な仮想通貨になるということは、日常生活でも使えることを意味します。今後、支払い手段として使われる可能性を秘めている仮想通貨を選ぶと、大きな利益を生む可能性があります。

もっと読む

仮想通貨のおすすめな選び方⑤ボラティリティ

仮想通貨のおすすめな選び方の5つ目は、ボラティリティの高さに注目することです。

ボラティリティとは、資産価格の変動の激しさを表すパラメータのことです。ボラティリティがなければ、仮想通貨投資で利益を上げることは難しい傾向です。ボラティリティを確認するには、仮想通貨の価格チャートを見る必要があります。

もっと読む

仮想通貨おすすめ銘柄10選

上記で紹介した信頼性・流動性・将来性・ボラティリティを踏まえて、おすすめできる仮想通貨の銘柄を紹介していきます。

また、専門用語の分かりやすい解説を途中に付けているので、初心者の方でも読みやすくなっているので、ぜひ参考にしてください。

  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(Ethereum)
  3. リップル(XRP)
  4. ビットコインキャッシュ(BCH)
  5. ライトコイン(LTC)
  6. エイダコイン(ADA)
  7. ポルカドット (DOT)
  8. ステラルーメン(XLM)
  9. オーエムジー(OMG)
  10. エンジンコイン(ENJ)
もっと読む

➀ビットコイン(BTC)

ビットコイン
ビットコイン 基本情報
略称 BTC
発行上限枚数 2100万枚
すべて見る
ビットコインの特徴
  • 世界初の仮想通貨

  • 時価総額が1位

  • 仮想通貨のリーダー的存在

ビットコインは2008年に発表されたサトシナカモトの論文を受けて開発された、世界初の仮想通貨です。仮想通貨のリーダー的存在であり、はじめて仮想通貨をやる方におすすめします。

全世界で最も時価総額が高く、ユーザから多くの信頼を寄せています。120銘柄以上を評価対象とするWeiss Ratings社による仮想通貨格付ランキングでは、ビットコインは総合1位に選出されています。

もっと読む

見出し

ビットコインの最大の特徴は、金融機関のような第三者を介することなく、参加者全員で管理する分散型の決済システムを構築しているところです。分散型の決済システムは、一つのサーバに障害が発生してもデータやシステムを維持できる障害への耐性を持ちます。

ビットコインは、1 円から購入でき、売買手数料は無料です。また、高度なP2P技術を用いて運用されています。

もっと読む
P2P技術とは? 「Peer-to-Peer」の略称のことで、不特定多数の端末(スマホなど)がサーバを介さずに、端末同士で直接データファイルを共有することができる通信技術です。

P2P技術は「データの分散管理」と「ゼロダウンタイムの実現」「匿名性を確保しやすい」といったメリットがあります。

もっと読む

\ビットコインを購入するならこちら/

もっと読む

②イーサリアム(Ethereum)

イーサリアム
仮想通貨名 イーサリアム
略称 ETH
発行上限枚数 上限なし
すべて見る
イーサリアムの特徴
  • アルトコインの中で時価総額が1位

  • スマートコントラクトを搭載

  • DeFiの基本となっている仮想通貨

イーサリアムは、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の中で時価総額第1位と多くのユーザから支持を得ています。また、開発には、天才数学者のチャールズ・ホプキンソン氏が関わっています。

イーサリアムの最大の特徴は、スマートコントラクトという機能があることです。複雑な作業をする必要がなく、手数料を安く済みます。

もっと読む
スマートコントラクトとは? スマートコントラクトとは、人の手を介入させることなく契約内容を自動で実行できる仕組みです。つまり、手間がかかる契約書を自動化でき、プログラミングで作れます。

また、イーサリアムは、発行上限と半減期が設定されていないので、今後も安定した供給が見込むことが可能です。

イーサリアム企業連合には現在150以上の企業が参加しており、「トヨタ自動車」「JPモルガン」「マイクロソフト」「MasterCard」「三菱東京UFJ」といった有名企業が加盟しています。

もっと読む

イーサリアムは、DeFiの基本となっている仮想通貨であり、DeFiが基本的にイーサリアムをベースとして作られています。また近年、DeFi関連銘柄が価格上昇してることから、購入するべき仮想通貨です。

もっと読む
DeFiとは? DeFiとは、中央集権型システムを必要としないで、自律的に金融資産の管理ができる機能です。つまり、資産の移動・取引を行う際に金融機関を挟む必要がなく、スピードを上げて金融資産取引が可能となります。

\イーサリアムを購入するならこちら/

もっと読む

③リップル(XRP)

リップル
仮想通貨名 リップル
略称 XRP
発行上限枚数 1000億XRP
すべて見る
リップルの特徴
  • 中央集権型の仮想通貨

  • 国際送金を迅速にするブリッジ通貨を採用

  • 大手金融機関とも提携済

リップルは、「Ripple Inc」という会社によって管理と運営が行われており、中央集権型の仮想通貨です。リップルというプラットフォーム上での利用料をXRPと言います。

リップルの開発目的は、国際送金を迅速にするブリッジ通貨を採用しています。ブリッジ通貨とは、文字通り2つの通貨の橋渡しができる通貨です。

もっと読む

見出し

例えば、円からドルに交換して国際送金する際に、円→ドルにそのまま交換するのではなく、円→リップル→ドルといったようにブリッジ通貨であるリップルを中継させたとします。その時、銀行を必要としないため、円からドルに直接交換するよりも低コストで、なおかつスピーディに交換・送金ができます。

みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行などの大手金融機関とも提携済みなので、今後、伸びてくる仮想通貨となるでしょう。

もっと読む

\リップルを購入するならこちら/

もっと読む

④ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ
仮想通貨名 ビットコインキャッシュ
略称 BCH
発行上限枚数 2100万枚
すべて見る
ビットコインキャッシュの特徴
  • ビットコインから初めて分岐して生まれた仮想通貨

  • 取引が円滑かつ、手数料が安い

  • 中国や韓国での決済サービスとなっている

ビットコインキャッシュは、ビットコインから初めて分岐して生まれた仮想通貨です。ビットコインのスケーラビリティ問題の対策から誕生しました。

  • スケーラビリティ問題とは?
    スケーラビリティ問題とは、ビットコイン のブロックサイズが1MBに制限されているため、取引データの処理が間に合わなくなり、手数料の高騰や取引が滞る問題です。

ブロックサイズが32MBのため、取引が円滑かつ、手数料が安く済みます。大きいブロックサイズは、取引の透明性を高めています。

ビットコインキャッシュは、マイニングの難易度を調整してくれます。マイニングの難易度を低くすることで、マイナーたちが積極的に承認し、安定的な承認速度の向上を期待できます。

  • マイニングとは?

    仮想通貨の取引承認に必要となる複雑な計算(コンピューター演算)作業に協力し、その成功報酬として新規に発行された仮想通貨を得ることです。

  • マイニングの特徴
    取引の記録から新しいブロックチェーンを生成でき、作業をするだけで仮想通貨が取得できます。作業量が膨大なために専用のコンピューターが必要です。

前出のイーサリアム同様にスマートコントラクトという機能があるので、複雑な作業をする必要がなく、プログラミングに任せられます。

中国や韓国での決済サービスをビットコインキャッシュで行えることから、将来性に期待できる仮想通貨です。

もっと読む

\ビットコインキャッシュを購入するならこちら/

もっと読む

⑤ライトコイン(LTC)

ライトコイン
仮想通貨名 ライトコイン
略称 LTC
発行上限枚数 8400万枚
すべて見る
ライトコインの特徴
  • ビットコインを補完する通貨として開発

  • 日常の決済に特化した仮想通貨

  • 直近1年間のうちに約5倍も上昇

ライトコインは、ビットコインの発行上限は2,100万枚に対して、ライトコインはその4倍の8,400万枚の発行上限となる仮想通貨です。ビットコインを補完する通貨として開発され、日常的に利用できる高速決済手段を想定して作られました。

ライトコインは、日常の決済に特化した仮想通貨です。そのため決済サービスに力を入れており、高速かつ安全に決済できる仮想通貨を目標としています。

また、取引や送金などが多くなると遅延が生じやすくなってしまうという問題(スケーラビリティ問題)を解決するために、Segwitと呼ばれるシステムを採用しています。

取引自体はブロックチェーンの外で行い、取引の最初と最後のみをブロックチェーンに記録するライトニングネットワークの導入予定や、ライトコインの価格(円換算)は直近1年間のうちに約5倍も上昇したことにより、今後に期待できる仮想通貨です。

もっと読む

\ライトコインを購入するならこちら/

もっと読む

⑥エイダコイン(ADA)

エイダコイン
仮想通貨名 エイダコイン
略称 ADA
発行上限枚数 450億ADA
すべて見る
エイダコインの特徴
  • オンラインカジノで利用できる仮想通貨

  • スマートコントラクトが搭載

  • ステーキングを導入

エイダコインは、オンラインカジノを運営するプラットフォーム「Cardano」で利用できる仮想通貨です。今までのオンラインカジノでは、不正が多発していましたが、ブロックチェーン技術を取り入れることによって、取引の記録が残るようになるので、不正があった際には発覚できるような仕組みとなっています。

また、スマートコントラクトが搭載されているので、手間がかかる契約書を自動化でき、手数料を安く済ますことが可能です。

エイダコインはステーキングを導入しており、海外の大手仮想通貨取引所に続々と上場しています。市場ランキングも6位になっているなど、世界的にも知名度と信用性が高い仮想通貨です。

  • ステーキングとは?
    ステーキングとは、対象の暗号資産を保有しているだけで利益を得る仕組みです。エイダコインのステーキングでは約6%ものリターンを一年で得られると言われています。

開発者が天才数学者のチャールズ・ホプキンソン氏ということもあって、エイダコインは将来有望な仮想通貨なので、購入することをおすすめします。

もっと読む

\エイダコインを購入するならこちら/

もっと読む

⑦ポルカドット (DOT)

ポルカドット
仮想通貨名 ポルカドット
略称 DOT
発行上限枚数 10億7,000万枚
すべて見る
ポルカドットの特徴
  • 相互運用できる分散型のWeb世界の実現を目標

  • 誰でもブロックチェーンを開発が可能

  • 300以上のプロジェクトが進行中

ポルカドットではWeb3.0、ひいては様々なブロックチェーン同士をつなぎ、相互運用できる分散型のWeb世界の実現を目標としています。

ビットコインをイーサリアムに変換しようとすると、取引所で取引する必要がありましたが、ポルカドットを介すれば異なるブロックチェーン同士をつないで相互運用できます。

ポルカドットでは、「Substrate」というブロックチェーンの開発ツールを一般に提供しており、誰でもブロックチェーンを開発が可能です。

2020年8月に上場したばかりの比較的新しい仮想通貨ですが、300以上のプロジェクトがポルカドットのブロックチェーン上で進行中だと言われていおり、今後注目できる仮想通貨です。

もっと読む

\エイダコインを購入するならこちら/

もっと読む

⑧ステラルーメン(XLM)

ステラルーメン
仮想通貨名 ステラルーメン
単位 XRM
発行上限枚数 1兆XLM
すべて見る
ステラルーメンの特徴
  • 新興国における個人間の送金取引を、円滑にすることを目的としている仮想通貨

  • 開発・運営がステラ財団に集中

  • ブリッジ通貨を採用

ステラルーメンは、リップルの開発者が作ったもので、「新興国における個人間の送金取引を、円滑におこなえるようになること」を目的としている仮想通貨です。

分散性という性質を持つ多くの仮想通貨と異なり、開発・運営のすべてがステラ財団に集中しており「中央集権型」という特徴を持ちます。

リップル同様に、ステラルーメンは「ブリッジ通貨」と呼ばれおり、手数料が安く、送金速度を早くできるので、個人間の送金取引を円滑にできます。

タイのスタートアップ企業が、東南アジアにおけるステラを使った決済システムを立ち上げる計画したり、イスラム圏諸国の企業と協力して、巨大市場を形成する計画も進められたりしています。そういった事業に成功すれば、仮想通貨の価値も上がっていくでしょう。

もっと読む

\ステラルーメンを購入するならこちら/

もっと読む

⑨オーエムジー(OMG)

オーエムジー
仮想通貨名 オーエムジー
単位 OMG
発行上限枚数 140,245,399OMG
すべて見る
オーエムジーの特徴
  • 貧困層を中心に需要が拡大

  • エアドロップに対応

  • コインチェックに上場直後約30%もの価格上昇を記録

オーエムジーは、香港の仮想通貨投資会社GBVが買収した『OMG Network』のネイティブトークンです。また、2021年4月7日にコインチェックに上場した、日本では比較的新しい仮想通貨です。

  • ネイティブトークンとは?
    ネイティブトークンとは、そのブロックチェーン独自のトークンのことです。
    例えば、ビットコインのブロックチェーンのネイティブトークンはビットコイン、イーサリアムのネイティブトークンは、イーサ(ETH)となります。

GBVの本拠地である東南アジアでは、前出のステラルーメン同様に銀行口座を持てない人を対象におき、取引コストが低く、貧困層を中心に需要が拡大しています。

また、コインチェックやGMOコインがオーエムジ―の保有者に対して実施される「BOBA トークン」のエアドロップに対応すると発表しているのは注目すべき点です。

  • エアドロップとは?
    エアドロップとは、「特定の通貨を保有する」「SNSで決まった投稿をポストする」など定められた条件を満たすことでユーザーは無料で仮想通貨を受け取られるイベントのことです。

オーエムジーは、コインチェックに上場直後約30%もの価格上昇を記録しています。今後は大企業との提携やトレンドであるDeFi分野への進出する可能性があるので、買っておくべき仮想通貨です。

もっと読む

\オーエムジーを購入するならこちら/

もっと読む

⑩エンジンコイン(ENJ)

エンジンコイン
仮想通貨名 エンジンコイン
単位 ENJ
発行上限枚数 10億ENJ
すべて見る
エンジンコインの特徴
  • マイクロソフトやサムスンといった大企業と提携

  • ゲームで遊びながら資産形成を目指すことが可能

  • NFTの作成可能

エンジンコインはプラットフォームが既に開発されており、ユーザー数が2000万人を超えており、マイクロソフトやサムスンといった大企業と提携しています。また、エンジンコインはEnjin Platformで使われる仮想通貨を指します。

エンジンコインの最大の特徴は、ゲームで遊びながら資産形成を目指すことが可能ということです。エンジンコインをEnjin Platform内でのアイテムの売買で使うだけでなく、異なるゲーム間でアイテムを売買して、そのアイテムは使用ができるという新しい体験ができます。

エンジンコインは、NFTの作成ができます。Enjin上で作成されるトークンは「ERC-1155」という規格で、代替性のないトークン「NFT」を作成できます。

  • ERC-115とは
    複数のトークンを一括管理できる規格(ERC-20)と世界に1つしかないトークンを作成できる規格(ERC-721)を合わせたものです。「ERC-721」の特性を持つことでエンジンコインのNFTは非代替性となります。

エンジンコイン高騰の背景は、NFT(非代替性トークン)のマーケットの盛り上がりが大きく影響しているので、今後の動向に注目すべき仮想通貨です。

もっと読む

\エンジンコインを購入するならこちら/

もっと読む

仮想通貨のおすすめな取引所5選

仮想通貨の取引所を選ぶ際に注意するポイントは以下のようになります。

  • セキュリティは高いか
  • 手数料は安いか
  • 使いやすいか
  • 分かりやすいか
  • 銘柄数
  • レバレッジ取引の有無

上記のポイントに留意して、初心者の方でも使いやすい取引所を紹介していきます。

  1. DMM Bitocoin
  2. GMOコイン
  3. bitFlyer(ビットフライヤー)
  4. Coincheck(コインチェック)
  5. BITPOINT(ビットポイント)
もっと読む

➀DMM Bitcoin

DMM Bitcoin
DMM Bitcoin 基本情報
取扱暗号資産 13種類
レバレッジ対象銘柄 20種類
最小注文数量 0.0001BTC

0.001ETH
円の入金手数料 振込:無料(振込手数料は自己負担)

クイック入金手数料:無料
円の出金手数料 無料
仮想通貨の入金手数料 無料(マイナーへの手数料自己負担)
仮想通貨の出金手数料 無料
すべて見る

DMM Bitcoinは動画配信サービスなどで有名な「DMMグループ」が親会社です。大手企業の運営という高い信頼性があります。

口座申込は最短5分で完了し、取引開始までにかかる時間は、最短1時間とスピーディーに取引を始めることが可能です。

DMM Bitcoinで取り扱われている14種類のすべてのアルトコインがレバレッジ取引でき、アルトコインのFXに特化しています。CoincheckやbitFlyerではレバレッジ取引の対応がありません。

DMM Bitcoinでは、取引手数料・口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料・クイック入金が無料です。

DMM Bitcoinの取り扱い通貨は全12種類で、現物取引は「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「ビットコインキャッシュ(BCH)」「ライトコイン(LTC)」「ステラ・ルーメン(XLM)」の6種類と豊富です。

もっと読む

②GMOコイン

GMOコイン
GMOコイン 基本情報
取扱暗号資産 15種類
レバレッジ取引対象銘柄 10種類
最小注文数量 0.00005 BTC

0.001 ETH
取引手数料 -
円の入金手数料 無料(振込手数料自己負担)
円の出金手数料 無料
仮想通貨の入金手数料 無料(マイナーへの手数料自己負担)
仮想通貨の出金手数料 無料
すべて見る

GMOコインは、2021年の暗号資産取引所のオリコン顧客満足度調査で堂々の1位を獲得しています。評判の高さで取引所を選ぶならGMOコインがおすすめです。

サイバー攻撃の対策として「アカウントの乗っ取り」「システムへの侵入」の2つを重視しており、セキュリティ対策をしっかりしているので、安心して取引できます。投資家から預託された暗号資産は「コールドウォレット」と呼ばれるインターネットから隔離されたシステムにすべて保存されています。

GMOコインではスマホ上で本人確認が完了し、最短10分の口座開設ができるので、登録したその日に取引可能です。

GMOコインには「つみたて暗号資産」というサービスがあり、毎月ワンコイン(500円)からの仮想通貨の積立投資ができます。12種類もの暗号資産の「現物取引」「レバレッジ取引」に対応しています。

もっと読む

③bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer
bitFlyer 基本情報
取扱暗号資産 13種類
レバレッジ取引対象銘柄 2種類
最小注文数量 0.00000001BTC

0.00000001ETH
取引手数料 ビットコイン取引所:

約定数量 × 0.01 ~ 0.15%(BTC)

ビットコイン販売所:

無料(スプレッド自己負担)
円の入金手数料 無料(住信SBIネット銀行のみ)
円の出金手数料 三井住友:220 円(3万円未満)

上記以外:550 円(3万円未満)
仮想通貨の入金手数料 -
仮想通貨の出金手数料 0.0004 BTC

0.005 ETH
すべて見る

bitFlyerは国内最大級の仮想通貨取引所であり、ビットコインの取引量が国内No.1です。仮想通貨取引所を対象としたセキュリティ調査では、なんと『世界No.1』を記録しています。

セキュリティ対策や補填がしっかりと明記されており、2014年にサービスを開始してから、ハッキング等の盗難被害を受けたことはないです。

また、bitFlyerでは100円から仮想通貨取引を始められるので、少ない資金で始めたい人やリスクを避けたい人におすすめです。ビットコインやリップル、モナコイン、イーサリアムなど、人気な 13 種類の仮想通貨が少額から売買できます。

bitFlyerの「bitFlyer Lightning」は、ビットコインFXやビットコイン先物の取引ができ、最大4倍までのレバレッジをかけられるため、FX取引の経験がある方にはおすすめのサービスです。

ポイントサービス「Tポイント」を、ビットコインに交換できるのはbitFlyerだけです。余っているTポイントでビットコインが簡単に手に入ります。

もっと読む

④Coincheck(コインチェック)

コインチェック公式
Coincheck 基本情報
取扱暗号資産 16種類
レバレッジ取引対象銘柄 レバレッジ取引停止中
最小注文数量 円建て500相当額
取引手数料 無料
円の入金手数料 銀行振込(振込手数料は自己負担)
円の出金手数料 407円
仮想通貨の入金手数料 無料
仮想通貨の出金手数料 0.0005BTC

0.005 ETH
すべて見る

国内暗号資産取引アプリのダウンロード数が415万ダウンロードを突破しており、チャートの見やすさや取引のしやすさが人気を呼んでいます。

また、Coincheckは、東証一部上場企業であるマネックスグループ株式会社の子会社によって運営されているので、安心感を持って利用できます。

国内最大17種類暗号通貨が約500円から購入でき、様々な仮想通貨を取引したいという人におすすめです。

最短10秒でスマホから簡単に仮想通貨を買え、初心者の方でも分かりやすい仕様になっています。また、ビットコインを手数料無料で購入できる点や積立機能など初心者に優しいサービスを提供しています。

取引手数料・入金手数料は無料です。

もっと読む

⑤BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT(ビットポイント)
BITPOINT 基本情報
取扱暗号資産 7種類
レバレッジ取引対象銘柄 4種類
最小注文数量 0.00000001 BTC(販売所)

0.0001 BTC(取引所)
取引手数料 無料
円の入金手数料 無料
円の出金手数料 無料
仮想通貨の入金手数料 無料
仮想通貨の出金手数料 無料
すべて見る

BITPOINTは、初心者から上級者までの幅広い層に選ばれている取引所です。初心者から上級者までが満足できる取引ツールを搭載しており、仮想通貨の取引は、500円以下という少額からでも始められます。

現物取引にかかる手数料がすべて無料で利用でき、そのほか口座開設手数料、即時入金手数料、送金手数料、口座管理料なども無料で利用できます。手数料を抑えて取引したいと考えている人におすすめです。

他の暗号資産取引所と比較すると、取扱通貨の種類は10種類と少ないですが、暗号資産の時価総額ランキングにおける上位通貨が多いため、安定した取引ができます。

BITPOINTは、国内で唯一、ジャスミー(JMY)を提供しており、ジャスミーを取引したいというユーザーにとって魅力的な取引所となっています。

もっと読む

アルトコインを取引する上でビットコインとの関係性は重要

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨のことを言います。英語では「Alternative Coin」と書き、訳すと「代替のコイン」です。

イーサリアム・リップル・モナコイン・ポルカドットなどもアルトコインのうちに分類されます。

アルトコインをトレードする上で、ビットコインとの関連性を考えることは非常に重要なものとなります。なぜなら、アルトコインはビットコインの価格に影響して価格変動することがあるからです。

アルトコインのほとんどがビットコインを介してその他の仮想通貨へと売買されており、ビットコインの価格が下落すると、ビットコイン建てで売買されたアルトコインの価値も相対的に下がる傾向です。

アルトコインを購入する際は、ビットコインの価格変動に注意しましょう。

もっと読む

仮想通貨でおすすめのアルトコインはイーサリアム

イーサリアム

仮想通貨でおすすめなアルトコインは、イーサリアムです。

前出で紹介した通り、イーサリアムはビットコインに次ぐ、時価総額2位を記録しており、多くのユーザから支持されていいます。すべてのアルトコインの基盤と言っても良いほどの仮想通貨に成長しています。

スマートコントラクト(契約の自動化)を搭載しており、今話題のNFTの発行ができます。

  • NFTとは?
    「非代替性トークン」と訳されるNFTとは、電子証明書のことです。 つまり、「デジタル上で自分が所有している」ということを証明する「技術」です。

また、ゲームの開発、ICOの発行などを発行でき、2021年に入ってイーサリアム上で発行されたトークンのICO・IEOもたくさんあります。

  • ICOとは?

    ICOとは、企業が仮想通貨を発行し、それを購入してもらうことで資金調達を行う方法です。ICOでは、少額から投資できることが多く、投資のハードルが低いというメリットがあります。

  • IEOとは?

    IEOとは、仮想通貨取引所のサポートを受けてトークンを販売する形態のことです。IEOでは、仮想通貨取引所でトークンが先行販売され、先行販売では、公開価格より割引された価格でトークンを購入できます。

もっと読む

\イーサリアムを購入するならこちら/

もっと読む

仮想通貨の草コインとは?

草コインとは、1,500種類を超えるアルトコインの中でも、1円未満と時価が低く取引量も薄い仮想通貨のことです。

草コインの最大の魅力は、今後価格が急上昇した場合、大きなリターンを得られる可能性があります。

草コインには、明確な定義はありませんが以下のような特徴を持つ通貨を言います。

  • 1通貨あたりの価格が低い
  • 時価総額が100位以下であり、知名度が低い
  • 流動性が低い
  • 売却できないリスクがある
  • 小額の元手で一攫千金を狙える可能性がある

メジャーな通貨ほどの価値はない草コインですが、価格の高騰により思わぬ利益を生んだ事例もあり、「XP」は10万倍、「Verge」は1万倍に高騰しました。

草コインの特徴を押さえたうえで、草コインは、ハイリスクハイリターンを楽しめる人におすすめです。とはいえ、場合によっては価値がゼロになってしまう可能性もあるので、初心者の方は、時価総額が高い仮想通貨を選ぶことをおすすめします。

もっと読む

【仮想通貨】草コインのおすすめ銘柄3選

ここでは、草コインのおすすめ銘柄を紹介していきます。

草コインを選ぶ際は、以下のポイントを意識して選びましょう。

  • 一定の取引量がある
  • 運営者や運営会社が明確
  • 評判が良い
もっと読む

➀アイオーエスティー(IOST)

IOST
仮想通貨名 アイオーエスティー
単位 IOST
発行上限枚数 900億枚
すべて見る
アイオーエスティーの特徴
  • ハードウェアやインフラのような役割を果たす仮想通貨

  • DeFi関連銘柄

IOSTはブロックチェーンのハードウェアやインフラのような役割を果たす仮想通貨です。

IOSTのシステムには独自アルゴリズムが採用されており、取引量が増えると処理が遅くなったり、手数料が高額になったりするリスクがありません。

IOSTは、送金スピードが速く、1秒間に8,000件もの処理ができ、これはクレジットカードの2倍の処理速度となります。

また、DeFiの動向に価格が左右される傾向があるので、DeFi関連銘柄としても人気があります。

もっと読む

\アイオーエスティーを購入するならこちら/

もっと読む

②モナコイン(MONA)

モナコイン
仮想通貨名 モナコイン
単位 MONA
発行上限枚数 1億540万MONA
すべて見る
モナコインの特徴
  • モナコインは日本発祥の仮想通貨

  • 「決済通貨」や「投げ銭」などにおいて使用可能

モナコインは日本発祥の仮想通貨で、Segwitやアトミックスワップを世界で始めて導入した、技術力の高い国産通貨です。2014年にライトコインをベースに開発されました。

  • Segwitとは?

    Segwitとは、ビットコインの抱えていたスケーラビリティ問題の解決が期待される技術です。取引データを縮小することでトランザクション(取引)の処理を高速化させます。

  • アトミックスワップとは?

    アトミックスワップとは、違う種類の仮想通貨を信用のない個人間でも不正なく交換できるシステムのことです。

日本の中ではビットコイン級に使い道が多く「決済通貨」や「投げ銭」などにおいて使用可能です。

「Coincheck」などに上場しており、モナコインを手数料無料・かつ安全に購入できます。

モナコインの今後の価格を予想するポイントとして、2ちゃんねるのファンの存在も挙げられており、2ちゃんねるユーザーによるモナコインへの投資を呼びかける発信が起こると、それにより価格が高騰する可能性があります。

もっと読む

\モナコインを購入するならこちら/

もっと読む

③ベーシックアテンショントークン(BAT)

BAT
仮想通貨名 ベーシックアテンショントークン
単位 BAT
発行上限枚数 15億枚
すべて見る
ベーシックアテンショントークンの特徴
  • イーサリアムを元にして作成したERC20トークン

  • braveのブラウザ広告を見ると、BATの受け取りができる

ベーシックアテンショントークンはイーサリアムを元にして作成したERC20トークンで、「Brave」というWebブラウザ上で利用されています。

  • ERC-20とは? ERC-20とは、複数のトークンを一括管理できる規格のことです。規格の異なるトークンが100個あったら、ウォレットも100個必要となります。

「brave」はプライバシー保護の点で優れたブラウザとして注目を集めており、braveのブラウザ広告を見ると、BATの受け取りができます。

braveのブラウザ上の広告を見て獲得したBATは、他のクリエイターのコンテンツに「投げ銭」を行うことができ、YouTube上での利用も可能です。

ベーシックアテンショントークンは、「braveユーザー数の増加」「他企業と提携」「上場する国内取引所の数の増加」によって、価格が上昇する可能性がある仮想通貨です。

もっと読む

\ベーシックアテンショントークンを購入するならこちら/

もっと読む

草コインのおすすめ取引所を紹介

草コインを購入できるおすすめ取引所を紹介します。

  • DMM Bitcoin
  • GMOコイン
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • CoinCheck(コインチェック)

特に、CoinCheckの取扱銘柄が国内最多17銘柄なので、草コインの取引におすすめです。

もっと読む

仮想通貨で稼げるおすすめ投資方法10個紹介

仮想通貨で稼げるおすすめな投資方法を紹介していきます。

初心者から上級者の方まで、参考にできる投資方法なので、ぜひご覧ください。

  1. 現物取引
  2. レバレッジ取引(仮想通貨FX)
  3. 積み立て投資
  4. レンディング(貸仮想通貨)
  5. 分析する
  6. 国内取引所を複数登録する
  7. PoS(プルーフオブステーク)通貨の保有
  8. NFTの売買
  9. 草コイン
  10. マイニング
もっと読む

①現物取引

現物取引とは、仮想通貨を購入・売却するというようなシンプルな取引方法のことを言います。仮想通貨の現物取引は「安い時に購入して、高くなったら売る」ことで生まれる差額で利益を獲得します。

入金した金額までしか仮想通貨を購入できず、購入からしか取引を始めることができないので、リスクをあまり負いたくない方人におすすめな投資方法です。

また、仮想通貨の「日々の価格変動の激しさ」といった特徴を活かせるため、比較的に稼ぎやすい投資方法でもあります。

レバレッジ取引に比べて、リスクも少なく初心者の方でも取引しやすい仕様なので、初心者の方は、現物取引からまず始めることをおすすめします。

もっと読む

②レバレッジ取引(仮想通貨FX)

レバレッジ取引とは、口座に入金した金額以上に大きな金額を投資できる取引です。現物取引と異なり、取引所に入金した金額以上に売買が可能です。

元手を担保に何倍もの取引を可能なので、最大レバレッジが2倍の場合、10万円を担保とした場合、20万円分の取引ができます。

もっと読む

レバレッジ取引のメリット

レバレッジ取引のメリットは、以下2つの通りです。

  • 少額しかない初心者の人でも、大きな利益を出せる。

  • レバレッジ取引も暗号資産と同様に24時間365日いつでも取引ができる。

前出でも述べたように、最大レバレッジが2倍で、10万円を担保とした場合、20万円分の取引ができ、大きな利益を出せる可能性があります。

平日、お仕事で忙しい方は、土日や自分の好きな時間で取引が可能です。

もっと読む

レバレッジ取引のデメリット

レバレッジ取引のデメリットは以下の通りです。

  • 初心者の方はだと損失が大きくなる可能性がある。

  • 価格変動によるリスクがある。

  • 追証になる可能性がある。

レバレッジ取引は、現物取引よりも利益が大きくなりますが、その反面に損失を被る金額も大きくなる可能性があります。

例えば、100万円分のビットコインを所有していて10%下がったとしても損失は10万円ですが、これに2倍のレバレッジを掛けている場合の損失は20万円となり、損失額が2倍となります。

追証とは、トレードにおいて保有資金以上の損失が発生した場合、マイナス分を追加で納入しなければならない制度のことです。

一定以上の損失が出ると「ロスカット」が執行され、強制的に決済する恐れがあります。レバレッジ取引は、ハイリスク・ハイリターンなので、初心者の方にはあまりおすすめできません。

もっと読む

③積み立て投資

積立投資とは、定期的に一定額の投資をする方法のことを言い、投資のタイミングを判断する必要がありません。

投資額が少なくても始めることができ、分散投資でリスクを抑えることも可能なので、リスクが気になる方におすすめです。コインチェックだとビットコインは、500円から積立投資ができます。

ドルコスト平均法によって、平均購入価格を下げることができ、長期的に価格が上昇することが予想できます。

  • ドルコスト平均法とは?
    ドルコスト平均法とは、定期的に一定額の購入を続けることで、価格が高い時に多く購入することを避け、価格が安い時に多く購入する方法のことです。
もっと読む

④レンディング(貸仮想通貨)

レンディング(貸仮想通貨)とは仮想通貨を貸し出して利息を得ることです。仮想通貨を一度購入し、取引所に貸し出すだけで簡単に稼ぐことができるので、チャートを分析し売買することが得意ではない方におすすめです。

銀行に預けるより利率がかなり良く、コインチェックだと最大年率は5%でレンディングが可能です。

取引所を通して貸し借りを行っているので、仮想通貨を貸した先に持ち逃げされるリスクがありません。

とはいえ、貸し出した通貨は貸出期間が満了するまで、動かせません。また、レンディングは取引所が行うサービスなので、取引所が経営破綻すると、預けた金額は戻ってこない可能性があるので注意が必要です。

もっと読む

⑤分析する

仮想通貨で稼ぐためには、株式やFXと同じようにチャートの分析が重要です。チャートの動きを分析することで、投資家の心理状況や銘柄のトレンドが把握できます。

長期的に保有する取引スタイルの方は、チャート分析よりも、通貨の将来性を分析しましょう。

チャート分析は、必ずしも全ての投資家に必要というわけではないです。YoutubeやTwitterなどでは仮想通貨の情報を発信してる人もいて、実際に分析した結果の通りに価格変動をしている事例もあるので、初心者の方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

もっと読む

⑥国内取引所を複数登録する

国内取引所を複数登録をすることで、決して高い確率ではないですが、取引所側の通信トラブル・システムトラブルのリスクを分散できます。

また、取引所ごとに長所が異なり、複数の取引所と登録することで、自分に合った取引所を発見できます。

もっと読む
取引所ごとの長所一覧
  • 取引手数料が安い

  • スプレッドが小さい

  • レバレッジをかけてトレードできる

  • 積立投資ができるサービスがある

  • スプレッドとは?
    購入時の価格と売却時の価格の価格差のことです。
もっと読む

⑦PoS(プルーフオブステーク)通貨の保有

PoS(プルーフオブステーク)は、仮想通貨のコンセンサスアルゴリズムの一種です。

PoS通貨の保有量によってマイニングで得られる報酬が変わり、多ければ多いほどマイニングによる報酬は増えます。

PoSの仕組みが導入された通貨を保有しておけば、今後PoSが主流になった時に、大きな利益を出すことができるでしょう。

もっと読む

⑧NFTの売買

  • NFTとは?
    「非代替性トークン」と訳されるNFTとは、電子証明書のことです。 つまり、「デジタル上で自分が所有している」ということを証明する「技術」です。

NFTの売買では、絶対にコピーできない唯一の(自分自身で作った)トークンの売買が可能です。

唯一無二の存在が作れると、価値が上がって需要が増えます。仮想通貨の世界も同様に、珍しいものであればあるほど、価値は高まっていく傾向です

NFTは、音楽やアート、ゲームでなどに使用されており、今後は、NFTの時代になっていくと言われるほどの市場規模になっています。NFTの動向を注目していきましょう。

もっと読む

⑨草コイン

草コインには、明確な定義はありませんが以下のような特徴を持つ通貨を言います。

  • 1通貨あたりの価格が低い
  • 時価総額が100位以下であり、知名度が低い
  • 流動性が低い
  • 売却できないリスクがある
  • 小額の元手で一攫千金を狙える可能性がある

草コインは、ビットコインやイーサリアムと比べて期待値は低いですが、価格が低い分、急騰すると一気に莫大な利益を獲得でき、一攫千金のチャンスがあります。

日本円にして数十円で購入できるコインもあるので、「数十円程度なら宝くじ気分で一発当てたい」という方は、複数の草コインに小額だけ投資しておくことをおすすめします。

もっと読む

⑩マイニング

  • マイニングの特徴 取引の記録から新しいブロックチェーンを生成でき、作業をするだけで仮想通貨が取得できます。作業量が膨大なために専用のコンピューターが必要です。

マイニングとは、仮想通貨の売買取引などを記録する作業にコンピューターを使って貢献し、その対価として新たに発行される仮想通貨を得ることを言います。

仮想通貨には、中央銀行のような中央集権的な管理者が存在しないので、不正が起きないよう貢献しているのがマイニングという作業です。採掘作業を行っている個人や法人を「マイナー」と言います。

簡単に言うと、マイニングは、個人または法人が、暗号資産(仮想通貨)の売買取引を記録する作業のことです。

もっと読む

仮想通貨税金計算ツールおすすめ2選

仮想通貨をやるにあたって注意することに、「確定申告」があります。

確定申告をするためには、仮想通貨の損益計算・税金計算をする必要があります。その際に便利なのが仮想通貨の損益計算・税金計算をしてくれるサイトやツール(ソフト)です。

確定申告なんてどうやって計算するのか分からないという方は、仮想通貨のおすすめな税金計算ツールを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

もっと読む

➀クリプタクト(CRYPTACT)

クリプタクト

クリプタクトは、2017年12月仮想通貨の損益計算サービスとしてリリースされました。

8,600種類の仮想通貨に対応しており、「ユーザー数No.1」「通貨種類数No.1」「取引種類数No.1」に輝いています。

クリプタクトは無料で使用でき、取引履歴をアップロードするだけで、最短10秒で仮想通貨の損益計算が可能です。50件までの取引であれば無料で損益計算ができるため、仮想通貨の取引数が少ない方は、ほぼ永久的に使用できます。

1日の平均価格ではなく、1分単位での価格データを保持しているため正確な損益を出す計算が可能です。さらに、カスタマーサービスが手厚く、仮想通貨取引に精通したスタッフが3営業日以内に返信してくれます。

もっと読む

②ジータックス(Gtax)

ジータックス

ジータックスは、仮想通貨の確定申告に必要なデータを簡単に作成してくれるので、仮想通貨の税金で悩む必要を無くしてくれます。

対応取引所数50種類を超えており、国内外の主要取引所・ウォレット・仮想通貨関連サービスのデータ取り込みと自動計算に対応してくれます。また、DeFiの取引にも対応可能です。

ジータックスは、100件の税理士法人や事務所に選ばれており、多くの専門家に支持されています。

計算方法から定型的ではない取引の入力方法まで気軽に質問できる充実したサポート体制によって、お客様満足度は96 .6%を超えており、安心して利用できます。

もっと読む

おすすめの仮想通貨でよくある質問

Q1. 初心者が仮想通貨を買うならどの銘柄?

A. 初心者の方は、まずビットコインを購入することをおすすめします。

仮想通貨初心者向けのポートフォリオは、90%をビットコイン、9%をイーサリアム、残りの1%を自分の気になる銘柄になるような資産配分にしましょう。

もっと読む

Q2. 仮想通貨のおすすめチャートは何?

A. 仮想通貨のおすすめのチャートはTradingView(トレーディングビュー)です。

TradingViewは誰でも無料で使える高性能チャート取引ツールです。単にチャートツールとして使うだけでなくSNS機能も備えているので、TradingViewを通して世界中のトレーダーとつながることができます。

もっと読む

Q3. アルトコイン投資で気をつけておくべきことは?

A. アルトコインの中には、プロジェクトが不明確で中身がないコインもあります。

そういった信頼性の低いコインへの投資は避けた方がいいでしょう。

もっと読む

Q4. ビットコインでアルトコインを購入することはできる?

A. ビットコインでアルトコインを購入することはできます。

仮想通貨取引所によって、円建て以外にビットコイン建てもあります。

もっと読む

仮想通貨でおすすめなのは、ビットコインとイーサリアム!

仮想通貨を選ぶ際は、以下の5つに注目しましょう。

  1. 信頼性の有無
  2. ホワイトリスト
  3. 流動性
  4. 将来性
  5. ボラティリティ

上記の特徴をおさえているおすすめな仮想通貨は、ビットコインとイーサリアムです。

草コインを買う際は、日本で人気のあるモナコインを選ぶといいでしょう。

おすすめな取引所を選ぶ際は、「セキュリティ面」「銘柄の多さ」に注目しましょう。

もっと読む
Money Choice 編集部

Money Choice 編集部