おすすめクレジットカード比較・
ランキング情報メディア
search
モナコイン(MONA)の今後の価格・将来性|チャート分析で徹底予想
仮想通貨

モナコイン(MONA)の今後の価格・将来性|チャート分析で徹底予想

モナコインの将来性は?モナコインは2ちゃんねる発祥のコミュニティが活発な仮想通貨であり、今後の値上がりが期待されています。この記事ではモナコインの今後の値動きをチャートをもとに解説し、お得に売買できるおすすめ取引所4選も合わせて紹介します。

この記事の監修者

kazu

■FX9年/仮想通貨5年目
■自身も海外 FXメディアを運営
https://kasoutsuuka-trade.com/
■手法【メンタル×資金管理】と【損失を限りなく抑える】ことを重視したデイトレード中心
■出演メディア:ラジオ日経(継続中)/日刊SPA/SPA主催の講演会など
■twitter: https://twitter.com/crypto_kazu
■vlog: https://lit.link/kazu0402

モナコイン(MONA)の今後の値動きは?

通貨名 モナコイン(MONA)
発行 2013年~
価格
2022年7月12日時点
約65円
時価総額
2022年3月23日時点
¥44億円(451位)
発行上限 1億512枚
公式サイト monacoin.org
すべて見る

モナコインは日本の電子芸地盤サイト「2ちゃんねる」発祥の仮想通貨で、Mr.Wtanabe(わたなべ氏 )を名乗る人物によって開発されました。

モナコの名前の由来は2ちゃんねるを代表するキャラクターの「モナー」が由来となっており、この通貨はオンライン上で投げ銭としても使われております。 

もっと読む

モナコインの価格が高騰するシナリオを解説

free_チャート

モナコインが値上がりすると予想されるシナリオについて以下の2つのパターンで紹介します。下記のようなニュースがあれば、モナコインに投資にするのがおすすめです。

  1. 取引所への新規上場発表による高騰
  2. コアなモナコインファンによるバズり
もっと読む

①取引所への新規上場発表による高騰

モナコインは2019年5月のコインチェックへの上場時や、2020年2月のDMM Bitcoinへの上場時に1MONAが3倍以上に高騰したことがありました。

モナコインは日本で生まれた仮想通貨ということもあり、国内での注目度が高い仮想通貨であるため、国内の仮想通貨取引所への新規上場時には、取引が増え価格が上がる傾向にあります。

もっと読む

②コアなモナコインファンによるバズり

モナコインは「2ちゃんねる」発祥の仮想通貨であるため、「ドージコイン」や「シバイヌ(SHIB)」などのジョーク通貨のように、インターネットで盛り上がることで値上がりすることが予想できます。

もっと読む
kazu
kazu
2017年12月6日にモナコインが高騰した際には11月末の340円から1,800円まで一気に上昇しました。

モナコイン(MONA)の購入におすすめな取引所4選

free_取引所

モナコインの取引がしてみたいという方におすすめの国内仮想通貨取引所を4つ紹介します。

  1. コインチェック
  2. GMOコイン
  3. bitFlyer
  4. DMM Bitcoin
もっと読む

①コインチェック|ダウンロード数国内No.1

コインチェック公式
取引所 コインチェック
取り扱い通貨 17種類
最低取引金額 500円
取引手数料 入出金手数料:無料
取引手数料:無料
モナコインの取り扱い 2019年6月から
すべて見る

コインチェックは国内最大級の仮想通貨取引所で、取り扱い通貨ペア数も17種類と国内トップレベルです。またコインチェックのスマホアプリは直観的に操作ができるUI設計なので初心者の方でもすぐに取引できます。

加えてコインチェックのWebページでは、Coincheck Column(コインチェックコラム)と呼ばれる仮想通貨関連のまとめ記事があり、モナコイン(MONA)についてもっと詳しく知りたいという方は情報収集にもおすすめ。

コインチェックではモナコインを500円から売買でき、取引手数料も無料なのでモナコインで気軽に仮想通貨を始めてみましょう。

もっと読む

\ダウンロード数国内No.1/

もっと読む

②GMOコイン|取扱通貨数が国内No.1

GMOコイン
取引所 GMOコイン
取り扱い通貨 21種類
最低取引金額 1MONA/ 回
およそ110円から
各種手数料 入出金手数料:無料
取引手数料
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
モナコインの取り扱い 2021年12月1日から
すべて見る

GMOコインでは販売所や現物取引所、レバ取引所、暗号資産FXなどなど様々な取引方法を提供している国内仮想通貨取引所です。20種類もの仮想通貨が取引できるのも大きな特徴。

GMOコインの取引所でモナコインを取引する場合には1MONAから売買でき、価格を指定して売買注文を出す「指値注文」ではMaker手数料として、売買金額の0.01%を受け取れるなど、よりお得に取引したい人におすすめの取引所です。

GMOコインでモナコインをはじめ、国内最多の仮想通貨を取引してみよう。

もっと読む

\取扱通貨数が国内No.1/

もっと読む

③bitFlyer|1円から取引できる

bitFlyer
取引所 bitFlyer
取り扱い通貨 13種類
最低取引金額 1円から
各種手数料 入出金手数料
入金:~330円
出金:220円~770円
取引手数料:無料
モナコインの取り扱い あり
すべて見る

bitFlyerはモナコインが1円から売買できるのが特徴。Tポイントをビットコインに交換できたり、bitFlyerが提供する「bitFlyerクレカ」など生活の中で仮想通貨を貯められる仕組みが充実しています。

さらにbitFlyerはビットコイン国内取引量で6年連続No.1を誇る取引所でもあるので、セキュリティ面でも安心して取引できます。

もっと読む

\1円から取引できる/

もっと読む

④DMM Bitcoin|スマートフォンアプリが使いやすい

DMM Bitcoin
取引所 DMM Bitcoin
取り扱い通貨 13種類
最低取引金額 およそ1,100円
取引手数料 入出金手数料:無料
取引手数料:無料
モナコインの取り扱い あり
すべて見る

DMM Bitcoinは初心者にも、上級者にも対応したスマートフォンアプリを提供する国内大手仮想通貨取引所です。スマホ版取引アプリではシンプルな「STモード」とより発展的な機能を利用できる「EXモード」を切り替えることで思いのままの取引ができます。

モナコインの最小注文数は10MONAと他の取引所と比べると多いですが、1単位での取引が110円前後であることを考えると、1000円前後から投資できるので問題ありません。またDMM Bitcoinではレバレッジ取引で空売りすることで下落相場でも利益を出せます。

もっと読む

\スマートフォンアプリが使いやすい/

もっと読む

モナコイン(MONA)の3つの特徴

h2_made_モナコイン特徴

モナコイン(MONA)は以下の3つの特徴があります。

  1. モナコインは日本「2ちゃんねる」発祥の仮想通貨
  2. モナコインは取引スピードが速い
  3. モナコインのコミュニティが特徴的
もっと読む

①モナコインは日本「2ちゃんねる」発祥の仮想通貨

モナコインは「モナー (´∀`)」という2ちゃんねるで有名なアスキーアートがモチーフとなった仮想通貨で、2013年に日本初の仮想通貨として誕生しました。

その誕生の経緯からモナコインはクリエイターを支援する「投げ銭」として使われることが多いのも特徴の一つです。

もっと読む

②モナコインは低コストでの取引が可能

モナコイン(MONA)は世界で初めて「Segwit」という技術を取り入れた仮想通貨です。

この「Segwit」の技術によって、より多くのデータを短時間で処理できるようになったため、それまでのビットコインなどと比較して低コストで取引ができるようになりました。

もっと読む

③モナコインのコミュニティが特徴的

モナコインは2ちゃんねるから誕生した経緯から、「投げ銭」目的で使用されるなど、他の仮想通貨とは異なる利用方法がとられてきました。そのため、モナコインのコミュニティも独自の発展を遂げています。

モナコイナーと呼ばれるモナコインを応援する人々の間で、モナコイン関連のイベントの開催や、モナコイン自体の管理運営を有志の団体で担っていることが他の仮想通貨にはないモナコインの強みです。

もっと読む

Twitterでも独自のコミュニティが形成されています。

もっと読む

モナコイン(MONA)の3つの過去の価格推移

free_チャート

ここでモナコインの過去の価格変動についてチャートで確認しましょう。

過去の価格推移を把握することが、モナコインの将来の値動きの予想材料になるはずです。

もっと読む

①2017年に急騰

MONA_2017

2017年にはモナコインで「segwit」と呼ばれる取引コストを削減する技術が導入されたことで、モナコインの評価が上がったとともに仮想通貨市場全体での相場の過熱感もあり、1MONAが100円弱から一気に2500円以上に急騰しました。

国内の大手仮想通貨取引所でもある「bitFlyer」に上場したのも2017年です。

もっと読む

②2021年4月に急騰

MONA_2021-4

2021年4月からはビットコインをはじめとした仮想通貨市場全体が加熱し、右肩上がりの市場環境であったため、モナコインもつられて上昇し、一時は1MONA=400円の値を付けました。

しかし、モナコインは夏にかけて徐々に下落し、200円弱で落ち着きました。

もっと読む

③2021年末から2022年にかけて下落

MONA_2021末

2021年末からはビットコインをはじめとした仮想通貨が全体的に下落し、価格も落ち着いてしまったことから、モナコインも1MONA=100円前後で推移しています。

2022年3月24日時点では1MONA=118.6円です。

もっと読む

モナコイン(MONA)の今後の3つの価格推移予想

h2_made_モナコイン価格予想

ここまで、モナコインは日本で誕生した初の仮想通貨であり、これまでの市場環境や価格推移について紹介してきました。

ここではモナコインの今後の値動きや将来性について、今後のモナコインのイベントとともに解説していきます。

もっと読む

①モナコインの半減期は2023年

仮想通貨はマイニングというブロックチェーン内の取引の承認作業をすることで、報酬を仮想通貨で受け取ることができます。

しかし、仮想通貨のマイニング報酬は半減期というある一定期間で半分になっていくのが特徴です。半減期は仮想通貨の発行ペースを下げることで通貨の希少価値を上げ、通貨の価値がどんどん落ちていかないためにあります。

モナコインの次の半減期は2023年の9月頃だと予想され、前回の2020年9月の半減期前には相場が上昇したことから、値上がりが期待できるかもしれません。

もっと読む

②モナコインのコミュニティが活発

モナコインは誕生当初には掲示板やブログでクリエイターに送る「投げ銭」として利用されることが多く、徐々に決済手段としても利用されるようになっていきました。

もっと読む
kazu

モナコインのコミュニティで積極的に活動する「モナコイナー」によってコミュニティが拡大していけば、それに伴ってモナコインの価格が上がることも期待できます。

③モナコインは時価総額が下がっている

モナコインは投げ銭目的での利用が多かったこともあり、投機目的の資金流入が比較的小さく、時価総額が増えていません。

これらの理由から暴落することも少ないですが、今後のモナコインのアップデートや環境の盛り上がりなどに注目することで、モナコインの値上がりに乗っていくことができるでしょう。

もっと読む

モナコイン(MONA)は将来性が高い!

free_取引

モナコインは日本で初めて誕生した仮想通貨で、「2ちゃんねる」発祥というその誕生の経緯や、コミュニティ、ビットコインよりも取引コストが安い点が特徴の仮想通貨です。

モナコインはコミュニティが活発で、「投げ銭」としての利用が多いことが特徴であるため、コミュニティが盛り上がりを見せることで今後の値上がりが期待できるでしょう。

もっと読む
Money Choice 編集部

Money Choice 編集部