おすすめクレジットカード比較・
ランキング情報メディア
search
IEOとは?実際に稼ぐ方法を仮想通貨初心者にも分かりやすく解説!
仮想通貨

IEOとは?実際に稼ぐ方法を仮想通貨初心者にも分かりやすく解説!

企業の仮想通貨を使った新たな資金調達方法として注目されているIEO。この記事ではIEOについての解説や、参加方法、実際にIEOで稼ぐ方法などを紹介します。安く仮想通貨を購入したい方、短期間で多く稼ぎたい方は必見です!

この記事の監修者

kazu

■FX9年/仮想通貨5年目
■自身も海外 FXメディアを運営
https://kasoutsuuka-trade.com/
■手法【メンタル×資金管理】と【損失を限りなく抑える】ことを重視したデイトレード中心
■出演メディア:ラジオ日経(継続中)/日刊SPA/SPA主催の講演会など
■twitter: https://twitter.com/crypto_kazu
■vlog: https://lit.link/kazu0402

IEO_coincheck

コインチェック(coincheck)は国内で初めてIEOを実施した際、目標の総額9億円の売出し価格に対し、期間中に申し込まれた金額は224億円となりました。国内で唯一成功を収めている コインチェックなら安心してIEOに参加できます。

今年の夏にコインチェックはIEO実施予定なので間に合うようにコインチェックで口座開設をしましょう。

もっと読む

仮想通貨IEOとは

coincheck_IEOとは2

IEOとは「Initial Exchange Offering」の略で企業が仮想通貨取引所を通じて投資家に企業独自のトークンを販売することで資金調達ができる仕組みのことです。

もっと読む
トークンとはブロックチェーンという技術を用いて発行された独自の仮想通貨のことを言います。 仮想通貨=トークンという認識で大丈夫です。

またIEOはトークンの発行元の企業を取引所を通して審査がされるため安全性や信頼性が高いです。

審査に通った会社は自社のトークンを取引所で自由に取引できるようになります。アカウントさえ持てば誰でも参加が可能です。

もっと読む

投資家から見たIEO

投資家たちには仮想通貨を安く購入する唯一の方法としても知られています。 IEOでは取引所に上場する前のトークンを買うことができるのでお得に購入することができます。

もっと読む
ここでの上場とは取引所にてトークンが誰でも売買できる状態になることを言います。IEOでは上場前に取引所で抽選が行われ、抽選当選者が購入することができます。

実はIEO以外に仮想通貨を用いた資金調達方法は他にもあります。それらとIEOの違いについて解説していきたいと思います。

もっと読む

IEO・ICO・STOの違い

IEO_違い

ここからは過去に仮想通貨を用いた資金調達方法として注目されていたICOやSTOなどとの違いについて解説します。

もっと読む
kazu
kazu
聞きなれない単語だと思いますが、ICOやSTOはIEOの利点を理解する上で非常に重要なので押さえておくべき!

IEO・ICO・STOの共通点

ICO・STO・IEO共通点
  • 企業の資金調達が目的

  • 仮想通貨を用いている

  • ブロックチェーン技術を活用している

3つの共通点は上記の3つ。しかしIEO以外の資金調達方法は欠点があり、現在ではあまり使われていません。その理由も踏まえて解説していきます。

もっと読む

ICOとは

ICOとは「Initial Coin Offering」の略で、新規仮想通貨公開のことです。基本的な仕組みはIEOと同じで、企業が仮想通貨を発行することで資金調達を行います。IEOに比べて厳正な審査が少なく、企業側が実施するハードルが低いことが特徴です。

もっと読む

この手軽さ故に一時期は活発にICOが実施されましたが、取引所を通してトークンが販売されず、企業が直接投資家に販売するため詐欺行為が各所で横行しICOは廃れていきました。

もっと読む
kazu
kazu
ICOはIEOと比べ安心感、信頼感が劣りますね。

STOとは

STOは「Security Token Offering」の略で、ブロックチェーン上で発行されるトークンです。STOはICOやIEOとは異なり政府機関に発行が認められたトークンであり、トークンには株式や債券などの裏付けされた価値が付与されています。

もっと読む

STOは政府機関による厳しい審査があるので企業の実施ハードルは非常に高い上に、STOに参加する投資家にも保有資産数などの制限があります。このためSTOは一般の投資家が使用することは少ないです。

しかしトークンには裏付けされた価値があるので参加者は配当をもらえるなどの特典があることは利点です。

もっと読む
kazu
kazu
STOは実施や参加するハードルが高い分、安全に取引できます!
IEO ICO STO
参加者 全員 取引所利用者 認定された投資家
管理者 取引所 不在 不在
安全性 高い 低い 高い
流動性 高い 低い 高い
すべて見る

それぞれの用語の概要を表にまとめてみました。他の資金調達方法と比べてIEOが優れていることが分かります。

次はIEOのメリットを深掘りして解説していきます。

もっと読む

IEO4つのメリット

IEO_四つのメリット

IEOには投資家にも企業側にもメリットがあります。メリットを見ればなぜIEOは多く利益が出るのかが分かると思います。
IEOのメリットは以下の4つです。

もっと読む
  1. 信頼できる
  2. 大きな利益が出る可能性が高い
  3. 上場時期がわかる
  4. 誰でも気軽に参加可能
もっと読む

①信頼できる

IEO_信頼

IEOでは仮想通貨取引所が発行元企業やプロジェクトに対して多くの厳正な審査を行い、取引所を介してトークンを売買するので、信頼性が高いです。

そのためICOのように詐欺被害に遭うリスクも低く、安心して投資ができます。

もっと読む

②大きな利益が出る可能性が高い

IEO_利益

結論から言うとIEOは稼げます。その理由はIEO銘柄は短期間で上昇する可能性が高いからです。IEOはトークンが仮想通貨取引所に上場する前にトークンを購入できるので上場前の安い値段で買うことができます。

また、取引所が上場予定のトークンに適正な値段がついているかを審査するため、上場前に割高な価格で買うリスクは低くなり、上場後に高確率で価格が跳ね上がります。

もっと読む

IEOに参加した人の反応

初期投資6万円で数日で60万円以上の利益を出している方もいました。この方は数日待っていれば、100万円以上の利益がでていたのですが、利益が大きく出た時点で下がるリスクを考えて売却しているので賢明な判断と言えます。

もっと読む
kazu
kazu
上場前の安い価格で買えるからリスクも抑えることが出来ます。

③上場時期がわかる

IEO_上場時期

IEOでは上場する時期が、取引所や発行元企業などから正式に告知されます。取引所が責任を持って必ずトークンを発行するため、購入はできたが、売ることができない等の心配はありません。

もっと読む

④誰でも気軽に参加可能

IEO_参加

STOなどと違い、年収や保有資産数などによって投資家に制限がかかることはありません。18歳以上の仮想通貨取引所を開設している方なら誰でも参加可能です。

もっと読む

仮想通貨取引所の口座開設ならコインチェック

仮想通貨の取引所はコインチェックがおすすめです。コインチェックではこれからもIEOを実施予定なのでコインチェックを入れて口座開設をしましょう。

もっと読む

IEO2つのデメリット

IEOにもデメリットはあります。IEOで投資を始めたい方はリスクもしっかりと押さえておきましょう。

もっと読む

審査が厳しい

IEO_審査

IEOの実施に伴い、取引所が発行元企業を責任を持って厳しく審査を行います。取引所がIEO実施で失敗してしまうと、取引所自体の信頼性がなくなってしまいます。そのため発行元企業の将来性や信頼性なども判断材料の一つ*となります。

もっと読む
kazu

取引所が厳しく審査することで、投資家も安心して投資が行えます。

仮想通貨なのでリスクがある

IEO_リスク

IEO実施によって発行されたトークンの価格はほとんどの場合、大きく上昇します。しかし仮想通貨なので株価と同じように価格は変動します。

IEOでは取引所に上場する前に購入できるので高値で買うリスクはありませんが、売却時のタイミングは非常に重要と言えるでしょう。

もっと読む
kazu
kazu
「○円利益が出たら△円売ろう 」みたいな感じで自分の中でいくつか売る指標を決めておきましょう。

CoinchekでIEOに参加する方法

スクショ_IEO_coincheck

次にIEOに参加するための具体的な方法について詳しく解説していきます。IEO実施が行われたコインチェックを例にIEO参加の手順を見ていきましょう。

もっと読む
  1. 仮想通貨取引所を開設
  2. IEO参加に必要な量の仮想通貨を購入する
  3. 抽選・トークンへの交換
もっと読む

①仮想通貨取引所を開設

まず、IEOに参加するには仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。コインチェックの口座開設の流れは下記の通りです。

もっと読む

メールアドレスとパスワードを入力して「会員登録」をクリックすると登録確認のメールが届きます。

もっと読む
IOST coincheck

届いたメールのURLをクリックし、電話番号認証を行います。

もっと読む
IOST coincheck 2

名前、住所、職業などの基本情報を入力し、本人確認書類を提出。審査が終了すれば口座開設は完了です。

もっと読む
IOST coincheck 3

②IEO参加に必要な仮想通貨を購入する

IEO_購入

口座開設をしたら、トークンを購入できます。しかし、上場前は何円からでも申し込みができるわけではありません。前回コインチェックでIEOが実施された際には1口約4300円から参加の申込みができましたが、口数が多い方が当選確率が上がります。

また口数の全てが当たるわけではなく一部が当たる可能性もあり、当たらなかったものは返金されます。取引所上場後は少額からでも取引ができますが、大きな利益を出したい方は上場前に申し込むことをお勧めします。

もっと読む

③抽選・トークンへの交換

IEOへ参加の申し込みが完了したら、期日になると抽選が行われます。抽選に当たることができれば、取引所上場前にトークンを保有しておくことができます。倍率は高くなりますが、それだけ注目度が高く、今後値段が上がる可能性が高いということです。
下記に注意点をまとめておきましたので参考にしてください。

もっと読む
IEO抽選における注意点
  • 購入時手数料がかかる

  • 申し込み時に変更・キャンセルはできない

  • 申込時に資金がロックされる

  • 注文口数の全てが当たるわけではなく、一部が当たる可能性もある。

ここまで抽選方法をお伝えしました。次ではCoicheckでのIEO実施がどうだったのかを見ていきましょう。

もっと読む

過去のIEOの実例紹介

IEO_実例

コインチェックでは過去に一回IEOを実施しており、その時に生まれたトークンがPLTです。

もっと読む

IEO実施によって日本で初めて生まれたPLT(パレットークン)

PLT 基本情報
申込価格 ¥4.05
現在の価格(2022年5月) ¥26
過去の最高値 ¥96
発行上限枚数 10億枚
現在の発行枚数 2億3000万枚
すべて見る

仮想通貨取引所のコインチェックが日本で初めてIEOを実施した際にPLT(パレットトークン)が発行されました。

もっと読む
kazu
kazu
申込価格時の1PLTが4.05円で1口4300円からの応募なので、1口当たれば約 1000PLTもらえます。

販売価格から約一ヶ月で20倍以上の高騰

IEO チャート

申し込み時の販売価格が4.05円でしたが、上場後すぐに急騰し、1日で10倍以上の値段に。その後1か月も経たないうちに90円台を突破しております

販売価格から20倍以上の値段となります。ここまで高騰した理由として考えられるのは、国内取引所のコインチェックがIEOを実施したことが大きいです。

もっと読む

現在の価格

下落した現在(5/30)の価格は23円となっており、販売価格から5倍以上の価格です。申込み時に購入した人で損した人は現段階ではいないということになります。

もっと読む
kazu
kazu
10万円購入しておけば、最高で200万円...IEOには夢がありますね。

IEOの実例を解説しました。実際にどのように利益を出すかを次で解説していきます。

もっと読む

高確率で利益を出す方法

IEOの傾向として上場後すぐに価格が跳ね上がり、およそ1ヶ月で最高値を記録、そこから下落していきます。つまり上場後1~2週間以内に購入しておいたトークンを売却すれば利益を出せる可能性が高いということです。

また全てのトークンを売却する必要はありません。価格が数倍になり利益が出た時点で自分の初期投資額分のトークンだけを売却することも可能です。

もっと読む
kazu
kazu
早い段階で初期投資額の分のトークンを売却しておくと損失が出ることは無くなるので心理的にも楽!

では次回のコインチェックのIEO実施はいつになるのでしょうか。次の実施日時について説明します。

もっと読む

次回のIEO実施の日時

スクショ_coincheck_financie

コインチェックでは過去に1度しかIEOは実施されていませんが、実は既に2回目のIEO実施が決定しています。

もっと読む

FiNANCiE(フィナンシェ)がコインチェックにてIEO実施決定!

2022年夏までに株式会社FiNANCiEが取引所コインチェックにてIEOを実施することを発表しました。FiNANCiEはブロックチェーンを用いたクラウドファンディング型の投資アプリです。

FiNANCiEは現在 プロのスポーツクラブと多数契約しており、これから間違いなく伸びるでしょう。前回参加出来なかった方や、前回のIEO実施の結果を見て今回は多くの人が参加すると考えられます。

もっと読む
kazu
kazu
FiNANCiEは次世代のクラウドファンディングアプリとして有名です!

IEOに参加するならコインチェック

coincheck_logo

IEOは資金調達方法としても、稼げる投資としても注目が高まってきています。

コインチェックでの2回目のIEO実施がもうすぐ始まるので今すぐ参加できるように口座開設をしておきましょう。

もっと読む
Money Choice 編集部

Money Choice 編集部